=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 風俗、習慣、健康等

1 宗教
 一般的に、モーリタニア国民は敬虔なイスラム教徒であり、都市部・地方を問わず宗教上の慣習等に配慮しつつ行動する必要があります。礼拝堂であるモスクに非イスラム教徒が出入りすることは基本的に禁止されており、外からの写真撮影も許可が必要です。
 イスラム教では、金曜日が集団礼拝の日とされており、その機会を利用して、政治的スピーチやデモが行われることがあります。またモスク等宗教施設やデモ等を狙ったテロや襲撃が行われるおそれもあることから、特に金曜日には不用意に宗教施設等に近づかないようにしてください。

2 気候
 首都ヌアクショットは高温乾燥の砂漠性気候であり、年間を通じ気温が30度を超えることが多く、ほとんど雨が降りません。年間を通して夏服で過ごすことができますが、昼夜の温度差が大きく、特に12月〜2月は多少気温が下がるので朝晩は肌寒さを感じます。8月、9月には月に数日程度の降雨がありますが、排水システムが整っていないヌアクショットでは町中が水浸しになることがあるので注意が必要です(モーリタニアでは電気の安全管理が未発達のため、稀に水溜まりで漏電していることがあります。感電死するケースも年に数件あることから、水溜まりには不用意に近づかないようにしましょう)。また、砂漠の砂を多く含んだ風が年間を通して吹いています(特に11月から4月頃の乾季に吹くハルマッタン)。乾燥と埃は気管・呼吸器や眼に影響を与えますので注意してください。首都ヌアクショット付近でも視界200-300m程度となる砂嵐がみられることがあります。

3 交通事情
 道路は、主要都市及びそれらを結ぶ幹線道路を除いてほとんど整備されていません。自家用車や乗合いタクシー、バス等の自動車が交通手段の主流となっており、ヌアクショットでは、朝夕の通勤時間帯には渋滞が発生します。また、信号無視や逆走、無理な追越し、割込みなど、交通ルールを守らないドライバーが大半を占めます。山羊やロバ等の家畜が突然道路を横断することもあるなど、日本の交通事情とは大きく異なるため、自動車を運転する際には極めて高い注意が必要です。運転中はもとより、歩行するときも四方に気を配り周囲の動向に十分注意する必要があります。なお、幹線道路では、死亡事故を含む交通事故が連日報道されています。後部座席も含め、シートベルトを必ず着用し、無理のない運転計画を立て、夜間の移動は避けましょう。
 また、モーリタニアでは車両を購入した際、必ず保険に加入するよう法律で定められており、無保険の場合、警察に拘束されることもあります。必ず定められた保険に加入しましょう。

4 感染症
 モーリタニア国内の感染症や医療施設等の情報については「世界の医療情報:https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/africa/mauritania.html 」をご参照ください。
 また、そのほか必要な予防接種等については、次の厚生労働省検疫所ホームページもご参考ください。
◎感染症情報(https://www.forth.go.jp/

5 海外旅行保険への加入
 海外旅行保険に加入していなかったために、病気やケガに伴う治療や緊急移送などで多額の出費を余儀なくされたケースが多くあります。
 旅行・滞在中の予期せぬトラブルに備え、十分な補償内容の海外旅行保険に加入することをおすすめします。詳しくは海外旅行保険加入のおすすめ(https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/hoken.html )をご確認ください。


−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−