=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 風俗、習慣、健康等

1 風習
 ボリビアの国民の約40%は先住民族です。先住民族は今でも伝統的な生活習慣を守っていますので,ボリビア社会は民族問題に敏感です。先住民族の居住地域では,彼らの生活習慣を配慮した行動が必要ですので,承諾無しに人や住居などに,カメラを向けないよう注意してください。

2 衛生事情
(1)水道水は飲用には適しませんので,十分に煮沸するか,市販のミネラルウォーター等を飲用してください。

(2)食べ物については,消化管細菌感染症のほか,サルモネラ感染症,寄生虫症,A型肝炎などが多数報告されています。十分に熱の通った食物を摂取するように心がけてください。

(3)紫外線がWHOの規制値を超えており,強いので,帽子やサングラスの着用,日焼け止めクリームの使用等紫外線対策が必要です。

(4)ボリビア全土で狂犬病が発生していますので,動物(特に犬,コウモリ)との接触は避けてください。万一,咬まれたり,傷口を舐められた場合は,直ちに水で洗浄し,受診して狂犬病ワクチン接種等の処置を受けてください。

(5)熱帯地方の川には皮膚から体内へ入る寄生虫も存在しますので,河川には安易に入らず,裸足で歩かないように注意してください。

3 高山病
 エル・アルト空港は標高4,070m,ラパス市街地も標高3,200mから3,700mに位置しているため酸素が低地の3分の2程度で,日本から直接渡航した場合,個人差はありますが,呼吸困難,頭痛,悪心,嘔吐などの高山病の症状が生じることがあります。高山病による重大なトラブルを起こさないためには,正しい高山病の知識を持ち,早期に対処することが重要です。
(1)発生事例
ア 団体旅行に参加した日本人男性がラパス市(標高約3,700m)に到着した直後から苦しそうな様子を見せ,翌日に多少標高の低いスクレ市(標高約 2,800m)に移動しても改善が見られなかったにもかかわらず,ホテルで休む等せず連日観光に参加し,数日後ウユニ塩湖(標高約3,700m)観光中に心肺停止の状態で発見された。
イ 米国経由でラパスに到着した日本人旅行者が,夜行バスでウユニ塩湖に行き2日間観光した後,再び夜行バスでラパスに戻った。ラパス到着時には既に具合が悪かった模様であるが,バスターミナル前のホテルにチェックインした。翌朝,部屋で意識が無い状態で発見された。

(2)予防対策
 高地(特に2,500m以上)に旅行する場合には,以下の予防対策を講じてください。
ア 渡航前の準備
(@)心臓病などの持病のある方は主治医に相談する。
(A)余裕のある日程で行動できるよう計画する。
(B)高山病予防薬(ダイアモックス)の服用について医師に相談する。
(C)本やインターネット等で,高山病の正しい知識を得る。
(D)補償の十分な旅行保険に入る。
(医療費,緊急移送費で1,000万円を超える場合がある)

イ 渡航後
 体調不良時は,まず高山病を疑い,早期に対処することが非常に重要
(@)高地到着前から,アルコール摂取,睡眠薬は控える。
(A)到着後は,寒さ対策,十分な休息を取る。
(B)頭痛,吐き気などの高山病の症状を自覚したときは,誰かに相談し(決して一人にならない),椅子に座りしばらく安静を保ち,酸素を吸入する(ほとんどのホテルに酸素ボンベが常備されている)。症状が改善しない場合は,直ちに病院を受診する。

4 サンタクルス,ベニ県等の熱帯湿原地方
 マラリア,デング熱,チクングニヤ熱,ジカウイルス感染症,黄熱などの蚊が媒介する感染症,サシガメが媒介するシャーガス病等が発生することがあり,防虫対策が必要です。
また,A型肝炎,サルモネラ感染症や赤痢なども多いので,水や食事の摂取には十分注意してください。
 黄熱,破傷風,A型肝炎,狂犬病等の予防接種はボリビアでも可能ですが,免疫を獲得するのに一定期間が必要なので,渡航前に受けてください。
 その他,必要な予防接種等については,以下の厚生労働省検疫所ホームページを参考にしてください。
 ◎感染症情報(https://www.forth.go.jp/
 ◎厚生労働省検疫所ホームページ(感染症情報:黄熱)
  https://www.forth.go.jp/useful/yellowfever.html

5 医療事情
(1)大都市(ラパス市,サンタクルス市,コチャバンバ市)には,比較的医療レベルが高く救急医療体制の整った病院がありますが,地方都市では十分な治療が受けられる病院はほとんどありません。

(2)世界の医療事情(https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/cs_ame/bolivia.html)
において,ボリビア国内の衛生・医療事情等を案内していますので,渡航前に必ず御覧ください。

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−