=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 風俗、習慣、健康等

1 風俗,習慣
 スリナムには,アフリカ系やインド系をはじめ,インドネシア人や中国人など様々な人種,民族が混在していることから,特定の人種や民族,宗教などの信条に関する不穏当な言動は控えてください。周辺国と比べるとアジア系移民も比較的多く,人種差別は比較的少ないと言われています。しかし,中にはアジア人に対して偏見や無知により差別的な言動をとる人もいますが,感情的にならないようにしてください。

2 衛生事情
 衛生状態は決して良いとは言えないので,食料品については十分選定し,飲料水についても水道水は避け,市販のミネラルウォーターを利用することをお勧めします。

3 病気(感染症)
 スリナムでは,マラリアやデング熱,ジカウイルス感染症,黄熱など熱帯地域特有の感染症が発生しています。首都パラマリボにおけるマラリア感染の危険は少ないとは言われていますが,デング熱が流行することがあります。
 いずれも蚊を媒介として感染するケースがほとんどですので,特に河川や湖沼,森林地帯に出かける際には,防虫剤を活用し,暑くとも長袖長ズボン,靴下を着用するなどの対策が必要です。

ジカウイルス感染症
 ジカウイルス感染症が,スリナム国内でも発生しています。ジカウイルスを持ったネッタイシマカやヒトスジシマカに刺されることで感染するほか,母胎から胎児への感染,輸血や性交渉による感染リスクも指摘されています。ジカウイルス感染症は感染しても症状がないか(不顕性感染),症状が軽いため感染に気づきにくいことがありますが,妊娠中にジカウイルスに感染すると,胎児に小頭症等の先天性障害を来すことがあることから,特に妊娠中又は妊娠を予定している方は,流行地域への渡航を可能な限り控えるなど,十分な注意が必要です。
(参考)感染症広域情報:ジカウイルス感染症に関する注意喚起
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/search/pcinfectioninfo.html#widearea

4 医療事情
(1)首都パラマリボにおける救急医療は,アカデミー・シッケン・ハウス(アカデミック病院)がほとんどを扱っており,救急車もこの病院に配備されています。ただし,交通事故などの場合は,制度として警察が救急車を要請することになっており,警察官が事故現場に到着してから必要に応じて救急車の手配をするので時間がかかります。

(2)医療水準は相当低いと言われており,救急医療機関でも常駐している医師は限られ,専門の医師が病院にいない場合があります。入院や手術を要するような重症(重傷)の場合には,早めに米国や日本への病院に移送する必要があります。したがって,万一に備えて,緊急移送サービス等十分な保証内容の海外旅行保険に加入しておくことをお勧めします。
 その他必要な予防接種等については,以下の厚生労働省検疫所ホームページを参考にしてください。
◎感染症情報(http://www.forth.go.jp/

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−