=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 風俗、習慣、健康等

1. 多くのロシア系住民(総人口の約25%)が住んでいるという状況をもたらした歴史的経緯(帝政ロシア領土への併合(1795年),ソビエト連邦への併合(1940年))を踏まえ,民族間の感情に留意する必要があります。

2. ラトビアは高緯度に位置しており,冬の気候は厳しく,最寒期には摂氏マイナス30度近くまで冷え込むことがあります。外出の際には暖かい服装が必要ですが,建物内では暖房が効いており室内と室外の温度差が激しいので,着脱しやすい服装に心がける必要があります。また,冬は雪や凍結により路面が大変滑り易くなることにも注意が必要です。

3. 水道は市街部では完備していますが,水道水には石灰成分が多いため,飲料水はミネラルウォーターを利用する方が安心です。

4. 日本にない風土病としてダニ脳炎があります。森林などに生息するマダニが媒介して発症する病気で,毎年死亡者が出ています。リガ市を含めラトビアのすべての地域で感染の可能性があります。ダニの繁殖期である春から秋にかけて,森林や薮などに入る際には長袖,長ズボン,帽子などを着用し,肌を露出せずマダニに咬まれないように注意してください。長期間ラトビアに滞在する場合はダニ脳炎ワクチンの接種をする方が安心です。初期免疫のために3回の接種が必要になります。その他必要な予防接種等については,以下の厚生労働省検疫所ホームページを参考にしてください。
◎感染症情報(http://www.forth.go.jp

5. 英語が十分通じる医療機関は少なく,一般的にラトビア語またはロシア語での受診となりますので,これらの言語を解さない場合は通訳を同伴する方が安心です。なお,ラトビアの衛生・医療事情等については,「世界の医療事情」を参照ください。
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/europe/latvia.html

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−