=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 風俗、習慣、健康等

1 ガボンで注意を必要とする主な疾病は以下のとおりです。
(1)黄熱
 ガボンは黄熱に感染する危険のある国とされています。入国10日以上前に黄熱の予防接種を済ませ、黄熱予防証明書(イエローカード)を携行してください。なお、黄熱予防接種証明書(イエローカード)の有効期間について、2016年7月11日以降は生涯有効と変更され、既にお持ちの有効期間が過ぎた証明書も生涯有効なものとして取り扱われます。
 黄熱の詳しい説明は以下の厚生労働省検疫所ホームページをご参照ください。
 https://www.forth.go.jp/useful/yellowfever.html

(2)マラリア、その他
 他のアフリカ諸国と同じように、熱帯特有の感染症が発生しています。特に、マラリアには注意が必要です。蚊の活動が活発になる夜間の外出は控えるとともに、長袖、長ズボンの着用、虫除け剤や蚊帳の使用等による対策をお勧めします。2週間以上流行地に滞在し、野外作業に従事する場合は、抗マラリア薬の予防内服が望ましいとされますが、必ず事前に専門医にご相談ください。滞在期間が長期となる場合には、肝炎、破傷風、腸チフス、狂犬病等の予防接種をお勧めします。

2 医療水準は低く、衛生面の問題があることから、重症の場合はヨーロッパ等で治療を受けることを考えなくてはなりません。この際の費用は高額となりますので、渡航前に移送サービスを含む十分な補償内容の海外旅行保険への加入をお勧めします。

3 「世界の医療事情」(https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/africa/gabon.html )において、ガボン国内の衛生・医療情報等を案内していますので、渡航前には必ずご覧ください。
 その他、必要な予防接種等については、厚生労働省検疫所ホームページ(https://www.forth.go.jp )もあわせてご参照ください。

4 医薬品の持ち込み、持ち出し
 医療用麻薬を含む医薬品の携帯による持ち込み、持ち出しの手続きについては厚生労働省以下のホームページをご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/index_00005.html

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−