=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 風俗、習慣、健康等

1.エチオピアは,独自の文化(暦・時間・文字等)が発展してきた歴史の古い国です。国民は宗教を大切にしており,年間を通じ宗教行事が複数あり,肉類や卵を食べない時期があるなど,独特の習慣もあります。

2.首都アディスアベバは海抜2,400メートル(富士山の6合目相当)の高原都市であるため酸素が薄く,軽い高山症の症状(頭痛,不眠,息切れ,食欲不振,倦怠感等)が出ることがあります。また,少量のアルコールでも酔うことがあります。

3.エチオピアはWHOにより黄熱リスク国に指定されています。入国の10日以上前に黄熱予防接種を行うことをお勧めします。

4.高度2,000メートル以下の低地では,1年を通じてマラリアが発生していますので,適切な医療機関が無い地方で1週間以上の滞在を予定されている方は,必ず専門医に相談の上,予防薬の内服を検討してください。

5.エチオピアでは,生の牛肉を食べる習慣がありますが,無鉤条虫(サナダムシ)の感染等の危険が高いので勧められません。また,アメーバ赤痢,細菌性赤痢等が常在しています。飲料水は,生水は避け,スーパーマーケット等で購入できるミネラルウォーターの利用をお勧めします。食事についても,生野菜,生肉等は口にしないようにしてください。また,常に手洗いを励行してください。

6.ほとんどの池,湖,小川,河川等は住血吸虫で汚染されています。不用意に河川,湖沼には入らないようにしてください。

7.狂犬病,HIV/AIDS,結核,破傷風,肝炎,腸チフス,黄熱病,その他複数の感染症が報告されています。日頃の十分な注意・用心が求められます。

8.世界の医療事情( https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/africa/ethiopia.html )において,エチオピア国内の衛生・医療事情等を案内していますので,渡航前には必ずご覧ください。
 その他,必要な予防接種等については,以下の厚生労働省検疫所ホームページを参考にしてください。
  ◎感染症情報( https://www.forth.go.jp/

9.重傷・重病の場合,国外への緊急移送が必要となる可能性があります。緊急移送対応を含む十分な補償内容の海外旅行保険に加入することをお勧めします。

10. エチオピアでは,緊急を要する病気及び怪我を負った場合,首都アディスアベバ市においても満足な治療を受けることができない可能性があります。特に,地方都市においては,緊急搬送を要する事態になったとしても,対応できる病院が存在しない可能性が極めて高いため,体調に異変を感じたら渡航を中止する,旅行ガイドの注意をよく聞き危険な場所へは立ち入らない等,必ず自己防衛につとめてください。

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−