=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 風俗、習慣、健康等

1.オーストラリアでは,メイトシップと呼ばれる平等主義がひとつの社会規範となっています。そうした無階級性や社会的平等意識がたいへんに強い国民であることに留意する必要があります。

2.オーストラリアでは,公衆の集まる施設内等での喫煙は限定された特別な場所以外は禁止されています。喫煙禁止場所の範囲や,禁止場所での喫煙に対する刑罰は州によって異なりますので注意が必要です。

3.オーストラリア内は地方都市を含めて医療機関は発達しています。救急医療も医療先進国として遜色のない体制となっています。しかし,独特のGP(家庭医)制度を取っていることから,自ら病院や各科専門医を受診することができません。また,検査もGPの指示がないと受けられません。全ての医療はGPが入り口となります。従いまして,長期にオーストラリアに滞在する方は,早めに最寄りのGPを受診して,かかりつけ医として指定することをお勧め致します。なお,救急医療機関は24時間年中無休の体制,かつ,誰でも受診可能(救急車或いは自分で来院)ですが,振り分け担当の看護師に緊急対応を要する病状と判定されないケースについては,長時間の待機,或いは翌日にGP受診を指示される場合があります。
 最近では,豪州における在留資格者・労働許可者及びその家族を対象にマイヘルスレコード制度が導入されました。これは,自身の主な保健情報をまとめてオンライン化したものであり,緊急時に医療従事者が医療情報を確認でき,最善の治療や効果的なケアに役立てることができます。

4.1年を通じて花が咲き乱れ,日本にはないものを含めいろいろな種類の花粉が舞っているので,少なくともいわゆる花粉症の人や花粉アレルギーのある人は,あらかじめ対策を講じておくことが必要です。また,冬から春の季節は,1日のうちでも気候や気温の変化がたいへん激しく,風邪をひきやすいので注意が必要です。

【ニューサウスウェールズ(NSW)州】
 シドニーでは大都市としては,日照時間が長く紫外線も強いので,長時間戸外で過ごす場合(特に屋外スポーツに参加する場合)には,帽子やサングラスが必要で,日焼け止めクリームの利用も効果的です。また,冬季(5〜7月)には,日中と朝晩,日向と日陰の温度差が大きいので注意が必要です。

【北部準州(NT)】
 北の海岸地域は,熱帯気候で12月から3月が雨季になっており,激しい雨が降り続くこともあります。一方,内陸地域は,年間を通じて降雨量が少なく,どこまでも赤土の砂漠が広がっています。ウルル(エアーズ・ロック)等の内陸部では夏季は気温が摂氏40度を超す高温になり,大気も非常に乾燥しているため,散策中の観光客が熱射病や脱水症状により亡くなるケースもあります。訪れる際にはこまめに水分補給をするなど,自己の健康管理には十分に留意する必要があります。

【ビクトリア(VIC)州】
 メルボルンでは「1日のうちに四季がある」と言われるぐらい天候の変化が激しく,特に,夏季(12〜2月)は気温の日較差が大きいので注意が必要です。また,乾燥しているため風邪をひきやすいので,注意が必要です。

【クイーンズランド(QLD)州】
 日照時間が長く,紫外線も強いため,皮膚がんや白内障の予防が必要です。昼間の外出には帽子を被ったり,サングラスを着用したり,日焼け止めクリームを塗る等直射日光をさえぎる工夫をし,遊泳時も水から上がったらシャツ等を着て,紫外線から身を守るようにすることが必要です。

【西オーストラリア(WA)州】
 夏季(12〜2月)は日照時間が長く,紫外線が強いので,昼間の外出には帽子やサングラスを着用したり,日焼け止めクリームを塗る等,直射日光をさえぎる工夫が必要です。

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−