情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は現在有効です。

イスラエル:ガザ地区情勢等についての注意喚起

2021年5月12日

【ポイント】
● 5月10日から12日にかけて、ガザ地区からイスラエル側へ多数のロケット弾が発射され、ガザ地区周辺からテルアビブを含むイスラエル中部にかけての広い地域で空襲警報が発報されました。
● これを受け、イスラエル軍によるガザ地区内のパレスチナ武装勢力への攻撃が行われました。12日もガザ地区からのロケット弾による攻撃は継続しており、今後のイスラエル軍による反撃を含め、情勢は流動的です。
● ガザ地区及び周辺地域への渡航は止めてください。ロケット弾の飛来を知らせるサイレン等に接した場合には、近隣のシェルター等に直ちに避難してください。

1 5月10日から12日にかけて、ガザ地区からイスラエル側へ多数のロケット弾が発射され、ガザ地区周辺からテルアビブを含むイスラエル中部にかけての広い地域で空襲警報が発報されました。

2 ガザ地区からのロケット弾は、テルアビブ近郊のほか、エルサレムにも発射され、その一部はイスラエル軍により迎撃されました。
 これらのロケット弾の発射を受け、イスラエル軍によるガザ地区内のパレスチナ武装勢力への攻撃が行われました。12日もガザ地区からのロケット弾による攻撃は継続しており、今後のイスラエル軍による反撃を含め、情勢は流動的です。上記状況を踏まえ、以下の注意事項を参考に慎重な行動をお願いします。
(1)ガザ地区及び同周辺地域は危険レベル3(渡航中止勧告)に指定されています。同地域への渡航は止めてください。
(2)ロケット弾の飛来を知らせるサイレン等に接した場合には、近隣のシェルター又は堅牢な建物に直ちに避難してください。
(3)従来から、イスラエルとの境界付近で、パレスチナ人による抗議デモや焼夷凧・風船、ロケット弾の飛来が頻繁に発生し、それらに対しイスラエル軍が反撃しています。

3 イスラエルに渡航する際には、万一に備え、家族や友人、職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。
 3か月以上滞在する方は、在イスラエル日本国大使館が緊急時の連絡先を確認できるよう、必ず在留届を提出してください。3か月未満の出張などの際には、渡航先の最新の安全情報や、緊急時に在イスラエル日本国大使館から連絡を受けることができるよう、外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。
在留届登録   https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html
たびレジ登録  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(外務省内関係課室連絡先)
○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)4567
○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)(内線)3047
○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(現地公館連絡先)
○在イスラエル日本国大使館
Tel: +972-(0)3-6957292
Fax: +972-(0)3-6960340
Eメール: ryouji@tl.mofa.go.jp
大使館HP: https://www.israel.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html


−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−