=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 査証、出入国審査等

(手続きや規則等に関する最新の情報は、駐日モーリタニア大使館(電話:03-3449-3810)にお問い合わせください。)

1 入国に当たり、その目的を問わず査証が必要です。日本には駐日モーリタニア大使館が存在しますが、現在、同大使館では入国査証の発給を停止しています。入国のためにはモーリタニアの空港等で到着時に、入国査証を取得する必要があります。査証申請には、パスポートの残存有効期間が6か月以上あることが要件となります。
モーリタニア政府は、「ヌアクショット国際空港」、「ヌアディブ国際空港」、「セネガル国境の入国管理局(ロッソ市及びディアマ市)」等において入国査証(有料)を発給しています。また、ヌアディブ市と西サハラが接している地域(PK55)においても入国査証の発給を行っていますが、西サハラ側の同地域は、多くの地雷が未撤去であり、イスラム過激派組織が活動しているおそれがあることに加え、2020年11月、モーリタニア国境に近いゲルゲラットにおいて西サハラ独立派組織「ポリサリオ戦線」とモロッコ軍との間で衝突があり、緊張が高まっていることから、西サハラ経由での入国は厳に控えてください。
 新型コロナウイルス感染症対策のため、入国制限措置や入国に際しての条件・行動制限措置がとられることがありますので、最新の情報(https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html )を事前にご確認ください。

2 外貨の申告、持込み・持出しに関する規則が適用されます。外貨の持込額の制限はありませんが、入国の際、3,000ユーロ相当以上の外貨を持ち込む場合は、税関に申告の上、証明書の交付を受ける必要があります。また、この証明書は、出国時に税関に提示する必要がありますので、大切に保管してください。持ち込んだ額以上の外貨を持ち出すことはできません。

3 医薬品の持込み、持出し
医療用麻薬を含む医薬品の携帯による持込み、持出しの手続きについては厚生労働省次のホームページをご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/index_00005.html


−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−