=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 査証、出入国審査等

(手続や規則に関する最新の情報については,駐日オーストラリア大使館(電話:03-5232-4111)や在大阪同国総領事館(電話:06-6941-9271)等にお問い合わせください。

1.査証
 オーストラリアへの入国には査証が必要です。ただし,第三国へ向かう確約航空券を所持して8時間以内の通過滞在で,且つ,空港内のトランジット・ラウンジに留まる限り査証は必要ありません。観光査証は90日間ですが,審査によって6か月間又は12か月間の滞在期間が許可されます。なお,3か月以内の観光等の短期滞在予定者は,従来の査証に替えて,1996年より導入されているETA(Electronic Travel Authority:電子入国認可システム)による入国が可能です。このシステムは,航空会社や主要な旅行代理店または直接インターネットで申請できますので,これら航空会社や主要な旅行代理店に問い合わせるか、またはETAホームページ(https://www.eta.immi.gov.au/ETA/etas.jsp
)をご確認の上,事前に登録してください。

2.税関手続き
(1)持ち込み金額
 出入国時に,10,000オーストラリア・ドル以上または右に相当する外貨を現金で持ち込み,又は持ち出す場合は税関等に申告する必要があります。これに違反すると厳しく罰せられます。
(2)タバコ
 18歳以上の場合,オーストラリアに25本のタバコまたは25グラムの葉巻またはタバコ製品を免税で持ち込むことができます。免税枠を超えますと,超えた品物だけでなくすべての品物に対して,税金がかかりますのでご注意ください。
(3)その他
 詳しくはオーストラリア政府税関発行の「旅行者用の手引き」でご覧になれます。
(日本語)(http://www.customs.gov.au/webdata/resources/files/Japanese-GuideforTravellers-KBYGBrochure.pdf

3.検疫
 オーストラリアは,伝染病あるいは農牧畜産品に対する病害虫の侵入を防ぐために,動植物類や肉類,乳製品,果物類の持ち込みには非常に厳しく対応しています。原則として,それらの持ち込みは禁止されており,虚偽の申請に対しては厳しい罰金が科せられます。さらに,果物や野菜の図柄入りの段ボール箱は,実際の内容物とは関係なくすべて点検された後,段ボール箱は没収,処分されます。また,検疫については州によって,種子,果物及び肉類等の持ち込みが禁止されていることもあるので注意が必要です。
 詳しくは、駐日オーストラリア大使館ホームページの「オーストラリア検疫検査局」ページでご覧になれます。
(日本語)( http://www.australia.or.jp/seifu/aqis/

4.在留届・たびレジ
(1)在留届
 現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく居住地を管轄する大使館又は総領事館等に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(オンライン在留届,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,管轄する大使館又は総領事館まで送付してください。

(2)たびレジ
 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html )。「たびレジ」は,滞在先の最新の安全情報などを日本語のメールで受け取れる外務省のサービスです。登録した情報は,オーストラリアで事件や事故,自然災害等が発生した際に,在オーストラリア日本国大使館・総領事館等が安否確認を行う際にも利用されます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。

5.ハーグ条約
 オーストラリアは,国境を越えて不法に連れ去られた子の返還の仕組み等を定める「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)」の締約国です。一方の親の監護権を侵害する形で子どもを常居所地国であるハーグ条約締約国から他のハーグ条約締約国へ連れ去り又は留置した場合は,原則的に子が元の常居所地国に返還されることとなります。ハーグ条約についての詳細はこちらのページをご覧ください。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hague/index.html

【西オーストラリア(WA)州の検疫体制】
 西オーストラリア州は,他州と比べて独特の動植物が生息し,病原菌や病害虫に汚染されていないことから,他州と比較して厳しい検疫を実施しています。 パース国際空港では,入国する旅行者荷物に対して100%エックス線投影機による検疫検査を実施しており,虚偽申告には厳しい対応を行っています。動植物・食物を持ち込むときは,量・種類にかかわらず必ず申告し検疫検査官の指示に従うことが重要です。
 また,国内の移動で西オーストラリア州へ入ってくる際も,以下の検疫チェックポイントで検査を実施しています。
・西オーストラリア州 /南オーストラリア州の州境検問
・西オーストラリア州 /北部準州の州境検問
・パース国内線空港
・インディアンパシフィック鉄道
・カナナラ空港
・ブルーム空港
・カルグーリー空港
・カラーサ空港

※参考(オーストラリア検疫検査局ホームページ)
http://www.affa.gov.au/content/output.cfm?&ObjectID=3E48F86-AA1A-11A1-B6300060B0AA00014 及び http://www.australia.or.jp/seifu/aqis/

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−