=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 査証、出入国審査等

 手続や規則の最新情報は駐日サウジアラビア大使館等(電話:東京03-3589-5241)にお問い合わせください。

1.査証
(1)2021年3月現在、サウジアラビアでは、新型コロナウイルス感染拡大防止措置により入国が制限されていますので、最新の情報(https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html )を事前にご確認ください。

(2)ビザの再開情報については駐日サウジアラビア大使館や各国サウジアラビア大使館にお問い合わせください。申請要件等、詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
 ○Visit Saudi: https://www.visitsaudi.com/en/about-evisa.html
 ○駐日サウジアラビア大使館ホームページ:http://embassies.mofa.gov.sa/sites/japan/EN/Pages/default.aspx
 ○サウジアラビア・ビザ・サービスセンターホームページ:https://www.vfstasheel.com
  Email: info.savscjp@vfstasheel.com

2.出入国審査
 顔写真の撮影と指紋登録があります。審査後はパスポートに入国印が押されていることを確認してください。

3.外貨申告、両替
 サウジアラビア出入国時(全ての港、空港)において、6万サウジリヤル(約1万6千米ドル)相当額以上の現金・貴金属を所持する場合は申告が義務付けられています。
 出入国時には申告カードに必要事項を記入して係官に提出してください。出入国時に申告がない場合は、係官による検査が行われたり、現金・貴金属を当局が一時保管する場合があります。なお、ホテルや空港、市中銀行での日本円の両替は行っていませんので、入国前に米ドル等に両替しておくことが必要です。

4.通関
 通関の際、荷物は全てX線検査を受ける必要があります。不審物が確認された場合は、荷物を開けて検査を受けます。イスラム教の戒律に従い、アルコール類(第三国の免税店で購入したアルコール類も持ち込めません)、豚肉類(豚の成分が含まれる食品類、革製品も対象)、信仰の対象となる偶像、ポルノ雑誌類(一般雑誌の水着写真も不可)の持ち込みは禁止されています。
 アルコール類でなくても瓶の形状をしたものが入っていれば、荷物を開けて検査を受けることがあります。音楽CDでもポルノDVDでないことを確認するために、1枚1枚チェックされることがあります。パソコン類を持ち込む際も同様に検査されることがあります。
 禁制品が見つかった場合は、没収等に留まらず、身柄の拘束等厳しい処罰を受ける可能性もありますので、十分注意してください。

5.医薬品の持込み,持出し
 医療用麻薬を含む医薬品の携帯による持込み,持出しの手続きについては厚生労働省以下のホームページをご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/index_00005.html

6.その他
(1)サウジアラビア国内では(到着時の空港を含む)、日本円からサウジリヤルに両替ができないため、事前に米ドル、ユーロに両替して入国してください。
(2)ハッジ(巡礼月)及びラマダン(断食月)の時期に、メッカ、メディナへの巡礼を目的に入国する場合には、毎年必要な予防接種が発表されますので、駐日サウジアラビア大使館やサウジアラビア保健省にご確認ください。


−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−