=-=-=-=-=-=-=-=
メキシコ
=-=-=-=-=-=-=-=
情報種別:海外安全情報(危険情報)
本情報は現在有効です。

メキシコの危険情報【一部地域の危険レベル引き上げ等】(更新)

2018年2月27日

●ゲレロ州チルパンシンゴ市及びその周辺地域
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(引き上げ)

●コリマ州
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き上げ)

●バハ・カリフォルニア州ティファナ市,ゲレロ州(チルパンシンゴ市及びその周辺地域並びにタスコ市を除く),チワワ州フアレス市,タマウリパス州米国境の一部,ミチョアカン州(一部地域を除く)
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

●メキシコ市,メキシコ州,オアハカ州,タバスコ州,ベラクルス州,モレロス州,バハ・カリフォルニア州の一部,バハ・カリフォルニア・スル州の一部,ゲレロ州タスコ市,タマウリパス州(米国境の一部を除く),チワワ州チワワ市,シナロア州の一部,チアパス州のグアテマラ国境の一部,ミチョアカン州の一部,ヌエボ・レオン州モンテレイ大都市圏及びその周辺地域
 レベル1:十分注意してください。(継続)

●コアウイラ州トレオン市,ドゥランゴ州ゴメス・パラシオ市,レルド市
 危険レベル解除(引き下げ)


【ポイント】
●都市間の陸路での移動は危険が伴いますので,航空機か,または昼間に有料高速道路を利用してください。不用意に州境の山岳部・農村部等に留まらないようにしてください。
●全土で誘拐や殺人等の凶悪犯罪に遭う可能性があります。狙われにくくするために日々の行動パターンを変える等の対策を心がけてください。
●ゲレロ州チルパンシンゴ市及びその周辺では,州・連邦警察及び軍等が介入して治安維持に当たっているものの,殺人,誘拐等の凶悪犯罪が頻繁に発生し,治安の悪化に歯止めがかからないため,危険レベルを3に引き上げます。どのような目的であれ,渡航は止めてください。
●コリマ州は,2016年及び2017年の犯罪組織の対立等による殺人事件の増加が顕著であることから,危険レベルを2に引き上げます。不要不急の渡航は止めてください。











○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−