=-=-=-=-=-=-=-=
ベネズエラ
=-=-=-=-=-=-=-=
情報種別:海外安全情報(危険情報)
本情報は現在有効です。

ベネズエラの危険情報【危険レベル継続(内容の更新)】

2019年10月25日

【危険レベル】
●カラカス首都圏,ミランダ州,スリア州,カラボボ州,タチラ州,アラグア州,グアリコ州,アンソアテギ州,ボリバル州及びマイケティア(シモン・ボリバル)国際空港周辺地域及びコロンビアとの国境地帯,ブラジルとの国境地帯(アマゾナス州の一部)
 :レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●上記以外の地域
:レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

【ポイント】
●本年1月21日に発生した一部軍人による蜂起未遂,同月23日のグアイド国会議長による暫定大統領宣誓,4月30日の同暫定大統領の決起呼び掛け等を背景に,反政府デモが激化し,これらを鎮圧する治安当局等の過度な武力行使(銃器や催涙弾等の使用)によって,多数の死傷者が出ました。
●5月以降,ノルウェー政府の仲介により行われた与野党間対話も9月に中断する中,与党側が野党側の一部少数派の取り込みを行う一方で,野党側も引き続き国内外での活動を維持しています。このため,反政府デモの激化や治安当局との衝突等の不測の事態に発展する可能性が継続しており,情勢は依然として不安定です。
●米州諸国との関係悪化や,社会インフラの急激な悪化(停電,断水等)もみられます。さらに,ベネズエラ発着の航空便の大幅に減少していることに加え,ベネズエラへの金融機関/外貨送金サービスを通じての外貨送金は事実上不可能となっています。
●つきましては,レベル3の地域への渡航は止めてください。既に滞在している方は,今後のベネズエラの国政を巡る情勢を踏まえ,国外に退避することも考慮してください。



○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−