=-=-=-=-=-=-=-=
ナイジェリア
=-=-=-=-=-=-=-=
情報種別:海外安全情報(危険情報)
本情報は現在有効です。

ナイジェリアの危険情報【危険レベル継続】(内容の更新)

2019年11月14日

【危険度】
●北東部(ボルノ州,ヨベ州及びアダマワ州)
 レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)(継続)
●南部(デルタ州,リバース州,バイエルサ州,アクワ・イボム州沿岸部及びコギ州),北部(ケビ州,ソコト州,ザムファラ州,カツィナ州,ジガワ州,カノ州,カドゥナ州,バウチ州,ゴンベ州及びプラトー州ジョス市(周辺地域を含む))
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●その他の地域
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

【ポイント】
●北東部3州(ボルノ州,ヨベ州及びアダマワ州)を中心に,イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」(ISIL西アフリカ州(ISWAP)を含む)が,軍との衝突やテロを繰り返しており,同3州における治安情勢は依然として危険な状況にあることから,退避勧告を継続します。
●南部ナイジャーデルタ地域では,ナイジャーデルタ解放運動をはじめとした反政府武装組織による活動が一時的に沈静化していますが,武装民兵による石油施設への攻撃や外国人を狙った誘拐事件等が再び増加することも懸念されることから,渡航中止勧告を継続します。
●北部地域では,ニジェールと国境を接する地域でイスラム過激派組織に属する分子等が流入し,テロ・誘拐等を行うおそれがあるほか,ボコ・ハラムの影響によるテロ・誘拐事件等が発生していることから,渡航中止勧告を継続します。
●ナイジェリア全土で,テロ事件や外国人の誘拐が発生する可能性があります。また,宗教・民族間対立や集落の土地をめぐる衝突,殺人,強盗,強姦等の凶悪犯罪や,「ナイジェリア419詐欺」が多数発生しています。これらの犯罪等に巻き込まれることがないよう,海外の報道を含め,幅広い安全情報の収集に努めてください。



○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−