=-=-=-=-=-=-=-=
スーダン
=-=-=-=-=-=-=-=
情報種別:海外安全情報(危険情報)
本情報は現在有効です。

スーダンの危険情報【一部地域の危険情報引き上げ】

2019年4月12日

【危険度】
●ダルフール地方5州(東ダルフール州,西ダルフール州,南ダルフール州,北ダルフール州及び中央ダルフール州),南コルドファン州,西コルドファン州(アビエ地域を含む。),青ナイル州
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●ハルツーム州(首都ハルツームを含む),北コルドファン州,紅海州,カッサラ州,ガダーレフ州,北部州,ナイル州,センナール州,ゲジーラ州及び白ナイル州
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き上げ)

【ポイント】
●4月11日,ビン・オウフ第一副大統領兼国防大臣がバシール大統領を含む政府要人の身柄を拘束し,今後2年間は暫定軍事評議会がスーダンを暫定統治する旨の声明を発表しました。
●12日現在,ハルツーム市内各所に軍が配備されているほか,デモ参加者が軍本部及び大統領府宮殿周辺に集結しています。また,4月11日より1か月間,午後10時から午前4時までの夜間外出禁止令が発出されています。現時点で暴動等の発生は確認されていませんが,政情は不透明であり,今後もデモの継続が予想されますので,ハルツーム州(首都ハルツームを含む),北コルドファン州,紅海州,カッサラ州,ガダーレフ州,北部州,ナイル州,センナール州,ゲジーラ州及び白ナイル州の危険レベルを「危険レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」に引き上げます。つきましては,同地域への不要不急の渡航は控えるとともに,既に現地に滞在中の方は安全の確保に留意し,外出を控えてください。また,今後更なる情勢の変化も踏まえ,追加的な危険レベル引き上げの可能性もありますので,情勢の推移によっては国外に退避することも考慮してください。
●ダルフールの治安は比較的小康状態が続いていますが,反政府武装勢力との恒久的な和平は依然達成されておらず,一般犯罪や武装集団による犯罪行為も引き続き発生しています。また,南コルドファン州及び青ナイル州の一部地域は,現在も反政府武装勢力が掌握しています。2013年12月以降の南スーダンの治安情勢悪化を受け,南スーダンからの避難民が多数流入しています。つきましては,ダルフール5州,南コルドファン州,西コルドファン州,青ナイル州には,どのような目的であれ,渡航は止めてください。



○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−