=-=-=-=-=-=-=-=
ギニア
=-=-=-=-=-=-=-=
情報種別:海外安全情報(危険情報)
本情報は現在有効です。

ギニアの危険情報【一部地域の危険レベル引き上げ】

2020年3月19日

【危険度】
●マリとの国境地帯
 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
●テリメレ県及び中部ギニア地域(マムー県を除く,クンダラ県,ガワアル県,マリ県,レルーマ県,ラベ県,クビア県,トゥゲ県,ピタ県,ダラバ県)
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き上げ)
●ボケ県,シギリ県及びマンディアナ県(マリとの国境地帯を除く)並びにコートジボワール及びリベリアとの国境地帯
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)
●首都コナクリ市を含むその他の地域
 レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●マリとの国境地帯では,金鉱山の開発をめぐる両国住民間のトラブルにより死傷者が出るなど,依然として治安情勢の悪化が続いているため,どのような目的であれ渡航は止めてください。
●テリメレ県及び中部ギニア地域(マムー県を除く)では,「護憲国民戦線(FNDC)」のデモ隊が警察署,刑務所,知事邸等を襲撃し,デモ隊と治安部隊との間で激しい衝突が発生しているため,危険情報をレベル1からレベル2に引き上げます。
●ボケ県,シギリ県及びマンディアナ県(マリとの国境地帯を除く)並びにコートジボワール及びリベリアとの国境地帯では,ボーキサイトや金鉱山の開発,人口流入をめぐるトラブルや両国住民間の衝突が発生しているため,不要不急の渡航は止めてください。
●首都コナクリ市を含む上記以外の地域では,電力供給不足等に対する抗議デモや賃金引き上げ等の待遇改善を要求するストライキ等が断続的に発生しているため,十分注意してください。
●今年の大統領選挙実施に向け,アルファ・コンデ大統領が憲法上に定められている「大統領3選の禁止」の事実上の改正を含む新憲法案を示したことにより,主要野党,市民社会団体が反対し,2019年10月14日から無期限のデモによる抗議を実施しています。今後も,全国規模でデモが計画されていることから,政府と反対派の間で何らかの合意が得られない場合,治安情勢については長期にわたり,現状のような不安定な状況が継続する可能性もあります。



○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−