=-=-=-=-=-=-=-=
レバノン
=-=-=-=-=-=-=-=
情報種別:海外安全情報(危険情報)
本情報は現在有効です。

レバノンの危険情報【一部地域の危険レベル引き下げ】

2019年8月23日

【危険度】
●バールベック・ヘルメル県の一部(アルサール)
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(引き下げ)

●バールベック・ヘルメル県北部及び東部(バールベック遺跡周辺を除く),アッカール県北部,ベカー県東部,ナバティーエ県北東部及び南部,南レバノン県南部(ティール以北の地中海沿岸地域を除く),パレスチナ難民キャンプ
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)

●ベイルート南郊外(ダーヒエ地区)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き下げ)

●アッカール県南部,バールベック・ヘルメル県南西部(バールベック遺跡周辺を含む),北レバノン県トリポリ市
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

●南レバノン県ティール以北の地中海沿岸地域
レベル1:十分注意してください。(引き下げ)

●上記以外の地域(ダーヒエ地区を除く首都ベイルート市,山岳レバノン県,北レバノン県(トリポリ市を除く),南レバノン県北部,ナバティーエ県北西部,ベカー県西部)
レベル1:十分注意してください。(継続)

【ポイント】
●バールベック・ヘルメル県アルサールでは,2017年8月にレバノン国軍によるテロ組織の掃討作戦が成功して以来,治安は回復傾向にあります。また,テロ組織が主に国境付近に残置した地雷の除去作業も進んでいることから,同地域に発出されていた「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」を「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」に引き下げます。ただし,同地域は他のシリアとの国境地域と同様に,レバノン国軍が引き続き警戒監視活動を強化しており,不審者と判断された場合は拘束される可能性もありますので,今後も同地域への渡航は止めてください。

●シリアと国境を接するレバノン北部,東部及び南部の地域には「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」が発出されています。これらの地域は,レバノン国軍が警戒監視を強化し一般人の立ち入りを制限している場所を含んでおり,不審者と判断された場合は拘束される可能性があります。また,パレスチナ難民キャンプ内及びその周辺では銃撃事件等の発生が確認されていますので,同地域への渡航は止めてください。

●ベイルート南郊外(ダーヒエ地区)では,過去に多くの死者を伴う爆弾テロ事件が発生しましたが,治安機関の徹底したテロ対策が功を奏し,近年テロ事件の発生等がないことから,同地域に発出されていた「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」に引き下げます。ただし,同地域では過去に旅行者を狙った強盗事件が発生するなどしていますので,引き続き不要不急の渡航は止めてください。

●南レバノン県ティール以北の地中海沿岸地域では,近年観光客が増加傾向にありますが,治安当局による徹底した警戒活動等により,他地域よりも犯罪発生率が低いとされており,観光客が事件・事故に巻き込まれたとの事例も確認されていません。このため,これらの地域に発出されていた「危険レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」を「レベル1:十分注意してください。」に引き下げます。ただし,テロの脅威や一般犯罪に巻き込まれる可能性が完全になくなったわけではないので,十分注意してください。



○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−