=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 犯罪発生状況、防犯対策

1 犯罪発生状況
(1)グレナダは人口約10万7千人の小さな島国で,一般的に治安は良いと言われています。犯罪統計でも,殺人,性犯罪,強盗などの凶悪犯罪の発生率は,カリブ諸国の中では比較的低い状況にあります。ただし,2017年の人口当たりの犯罪発生率は,日本と比較すると何倍もの高い値であり,特に摘発される薬物犯罪の数は,周辺のカリブ諸国以上の水準にあります。政府は違法薬物や銃の取締りを強めており,違反者には厳しい刑罰が科せられます。
(2)外国人が遭いやすい犯罪として,ビーチにおける窃盗事件があります。特に観光客に人気のある南西部のGrand AnseビーチやBBCビーチにおいて,親しく話しかけて相手の注意をそらした隙に所持品を盗む手口が頻発しています。
(3)治安当局は,観光客の多いビーチ等では警察官や民間警備会社によるパトロールを強化していますが,観光地を外れるほど警察官のパトロールも少なくなるため,注意しください。

2 防犯対策
 グレナダに渡航する際には,日没後の一人歩きを避け,できるだけタクシーを利用するなどの注意が必要です。また,セキュリティー面で信頼できるホテルを選び,戸締まりを励行し,所持品の管理には十分注意することが必要です。

3 テロ対策
 これまでに,グレナダにおいてテロによる日本人の被害は確認されていませんが,近年,シリア,チュニジア,バングラデシュにおいて日本人が殺害されたテロ事件が発生しています。また,テロは,日本人が数多く渡航する欧米やアジアをはじめとする世界中で発生しており,特に,近年では単独犯によるテロや,一般市民が多く集まる公共交通機関等(ソフトターゲット)を標的としたテロが頻発していることから,こうしたテロの発生を予測したり未然に防ぐことが益々困難となっています。
 このようにテロはどこでも起こり得ること及び日本人が標的となり得ることを十分に認識し,テロの被害に遭わないよう,海外安全ホームページや報道等により最新の治安情報の入手に努め,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−