=-=-=-=-=-=-=-=
スワジランド
=-=-=-=-=-=-=-=
● 犯罪発生状況、防犯対策

1 スワジランドの犯罪発生率は,周辺国と比較すれば高くありませんが,南アフリカやモザンビークと国境を接しており,両国の麻薬犯罪の中継地点になっていると言われています。南アフリカやモザンビークとの国境地帯では,麻薬取引,違法銃器所有,車の盗難等の犯罪が問題となっており,特に夜間の通行は避けるべきです。また,都市部では強盗,空き巣,暴行,強姦などの犯罪は注意する必要があります。夜間の住居侵入強盗事件が発生し,暴力を受ける被害も報告されていますので,遭遇した際には抵抗しないで,鍵がかかる部屋に避難して警察に連絡するなどしてください。

2 公務員給与引き上げや奨学金支払いを求めるデモ,課税システムに抗議するデモ等が都市部で発生しています。これまで,こうした抗議運動は政府の取締りによって鎮静化していましたが,最近のデモや集会等は暴力的な様相を呈し,治安当局と衝突することもあります。群衆が集まっている場所はデモや集会等の可能性がありますので,近づかないようにしてください。

3 これまでに,スワジランドにおいて日本人・日本権益を直接標的としたテロ事件は確認されていませんが,近年,シリア,チュニジア及びバングラデシュにおいて日本人が殺害されたテロ事件や,英国,フランス,ドイツ,ベルギー,トルコ,インドネシア,フィリピン等,日本人の渡航者が多い国でもテロ事件が多数発生しています。このように,世界の様々な地域でイスラム過激派組織によるテロがみられるほか,これらの主張に影響を受けた者による一匹狼(ローンウルフ)型等のテロが発生しており,日本人・日本権益が標的となり,テロを含む様々な事件の被害に遭うおそれもあります。このような情勢を十分に認識して,誘拐,脅迫,テロ等に遭わないよう,また,巻き込まれることがないよう,海外安全情報及び報道等により最新の治安・テロ情勢等の関連情報の入手に努め,日頃から危機管理意識を持つとともに,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。


○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−