=-=-=-=-=-=-=-=

アンドラ

=-=-=-=-=-=-=-=
● 滞在時の留意事項

1 アンドラには日本の在外公館(大使館,総領事館等)がなく,在フランス日本国大使館(電話:(+33-1)-4888-6200)が兼轄しています。

2 通貨は,隣国のフランス,スペインと同様にユーロが使われています。

3 アンドラは,国境を越えて不法に連れ去られた子の返還の仕組み等を定める「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)」の締約国です。一方の親の監護権を侵害する形で子どもを常居所地国であるハーグ条約締約国から他のハーグ条約締約国へ連れ去り又は留置した場合は,原則的に子が常居所地国に返還されることとなります。ハーグ条約についての詳細はこちらのページをご覧ください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hague/index.html

4 在留届,たびレジ
(1)長期滞在者
 現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく在フランス日本国大使館に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(オンライン在留届,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,在フランス日本国大使館まで送付してください。

(2)短期渡航者
 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html )。「たびレジ」は,滞在先の最新の安全情報などを日本語のメールで受け取れる外務省のサービスです。登録した情報は,アンドラで事件や事故,自然災害等が発生した際に,在フランス日本国大使館が安否確認を行う際にも利用されます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。


−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−