=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 滞在時の留意事項

1 旅行制限
 旅行制限地域としては,先住民であるアメリ・インディアンの保護区がありますが,事前に先住民問題省の許可を取得すれば旅行は可能ですので,地元の旅行社などに確認してください。

2 各種取締法規
(1)違法薬物
 薬物違法薬物や銃器の密輸は,厳しく取締まられています。絶対に保持・使用したり入手を試みたりしないでください。
 薬物犯罪者により,旅行者が自分では気付かないうちに違法薬物の運び屋にされることもありますので,見知らぬ人の荷物を預かったり,荷物から目を離したり,人に荷物を預けたりしないようにしてください。

(2)不法就労
 不法就労者は国外退去処分になります。

(3)旅券等の携行
 旅券などの身分証明書の常時携帯義務はありませんが,コピーや緊急連絡先などを記載したメモ等を携行することをお勧めします。

(4)両替
 現地通貨のガイアナ・ドルは,銀行やホテルで両替が可能です。市内には闇両替所がありますが,偽札を扱うなどの危険性があり,治安当局の取締の対象となっていますので,利用は避けてください。

3 交通事情
(1)運転免許証
 ガイアナでは国際運転免許証で運転ができないので,ガイアナで運転するためには,ガイアナの運転免許証を取得する必要があります。パスポート,日本の運転免許証,翻訳(日本国大使館発行の運転免許証抜粋証明)及びガイアナにおける住所を提示し,無料で空港またはLicense Revenue Officeにおいて作成することができます。有効期間は1か月間で,最大2回まで延長することができます。

(2)交通手段
 国内における交通手段は,ほとんどが自動車(自家用車,タクシー,レンタカー)及び乗合のミニバスです。しかし,乗合のミニバスの場合,料金が安くて台数も多いので,格安の旅行をする旅行者には便利なようですが,死傷者を伴う交通事故が頻発していますので,利用は避けることをお勧めします。
 タクシーの場合,ジョージタウン市内の主要ホテルに駐車しているタクシーは,行き先により料金が決まっているので,高額な料金を請求されることもなく,また,流しのタクシーに比べて運転手の質も良いので,比較的安全と言えます。ただし,夜間にはタクシーを対象とした銃器使用の強盗も発生しています。
 なお,道路のない奥地へ行く手段としては,軽飛行機あるいはモーターボートがありますが,国境を越える際は必ず出入国審査が受けられる場所を通過するように注意してください。

4 自然災害
 ハリケーンの通過地域からは外れているため,ハリケーン災害を伴うような影響を受けることはほとんどありません。一方,首都ジョージタウンを含む沿岸は海抜0メートル地帯がほとんどで,大雨時には頻繁に道路が冠水し,洪水も発生します。

5 在留届
 現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく在トリニダード・トバゴ日本国大使館(ガイアナを兼轄)に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(オンライン在留届,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,在トリニダード・トバゴ日本国大使館まで送付してください。

6 「たびレジ」
 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html )。「たびレジ」は,滞在先の最新の安全情報などを日本語のメールで受け取れる外務省のサービスです。登録した情報は,ガイアナで事件や事故,自然災害等が発生した際に,在トリニダード・トバゴ日本国大使館が安否確認を行う際にも利用されます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−