=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 滞在時の留意事項

1 各種取締法規
(1)違法薬物
  違法薬物の所持,使用,運搬などは違法であり,違反者には高額な罰金と懲役刑が科せられます。治安当局では,薬物中毒者の蔓延を危惧しており,薬物犯罪の取締りを強化しているため,摘発者数も高い水準にあります。滞在中に他人の荷物を預かったり,反対に自分の荷物などを預けたりすると,知らない間に「運び屋」に仕立てられる危険がありますので注意してください。また,近年では,日本人観光客がビーチで見知らぬ男から違法薬物を勧められたという報告もあります。勧められた場合はきっぱり断り,絶対に興味本位で手を出さないようにしてください。

(2)不法就労
  外国人が就労するには,許可を取得する必要があります。不法就労は,罰金,懲役,強制送還の対象となります。

2 写真撮影の制限
  空港,警察及び軍事施設などは撮影禁止です。

3 交通事情
(1)車両の通行は日本と同じ左側通行です。公共交通機関として乗り合いバス(ミニバン)があり比較的安価ですが,速度超過や無理な追越し,飲酒運転などの危険行為が珍しくなく,安心して利用できる乗り物とは言えませんので,できるだけ避けた方がよいでしょう。
  タクシーは,空港を始め首都セントジョージズのタクシー乗り場でも利用できますが,中には法外な料金を要求する運転手もいますので,事前に観光案内所,ホテル等で料金の目安を確認しておくと安心です。

(2)グレナダでは当局の許可無しでは国際運転免許証をそのまま使用することはできません。国際運転免許証,自国の運転免許証及びパスポートを提示すれば,許可が受けられます。有効期間は3か月間で,手数料は40米ドルまたは32英ポンドです。

(3)小さな島国であるため,起伏やカーブが多く,また大きな穴が放置されているなど道路の舗装整備が行き届いていません。また,交通マナーも悪いため,運転には十分注意する必要があります。万一に備えて,交通事故損害保険に加入しておくことをお勧めします。

4 自然災害
 カリブ海地域では,ハリケーンや地震,津波などの自然災害に対する備えが必要です。グレナダは過去にハリケーンの襲来により甚大な被害を受けたことがあります。概ね6月から年末頃にかけてのハリケーンのシーズンに渡航される方は,テレビやラジオ,インターネットなどを通じて最新の気象情報の収集に努め,ある程度長期間滞在する場合は水や非常食などを常備しておくなどの対策を検討してください。

5 在留届
 現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく在トリニダード・トバゴ日本国大使館(グレナダを兼轄)に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,在トリニダード・トバゴ日本国大使館まで送付してください。

6 「たびレジ」
 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,外務省海外旅行登録「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html )。「たびレジ」に渡航期間・滞在先・連絡先等を登録すると,滞在先の最新の安全情報がメールで届き,緊急時には在トリニダード・トバゴ日本国大使館からの連絡を受けることができます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−