=-=-=-=-=-=-=-=
スワジランド
=-=-=-=-=-=-=-=
● 滞在時の留意事項

1 写真撮影の制限
王宮,政府関係の建物,兵士,警察等の撮影は禁止されています。

2 防犯対策
(1)首都ムババーネやマンジニ等のダウンタウン地区は,危険ですので暗くなってからは立ち入らないようにしてください。
(2)ミニバスやタクシー等の公共交通機関は犯罪に遭う可能性が高いため,できるだけ利用を避けることをお勧めします。
(3)空港やレストラン等においては,防犯対策として荷物等は常に自分の身近に置き,目を離さないように心がけることが必要です。また,車に乗る際は,ドアを必ずロックし,座席や膝の上など外から見えるところに荷物や貴重品等を置かないようにしてください。

3 交通事情
スワジランドでは,自動車がほぼ唯一の交通手段です。車は,日本と同様に右ハンドル,左側通行です。外国人は,外国大使館が発行した英文翻訳証明書を付した外国の運転免許証で運転できます(英語で記載されている運転免許証(米,英,豪等)は,翻訳証明書は不要です。)。スワジランドには日本国大使館がありませんので,日本の運転免許証で運転する場合には,在南アフリカ共和国日本国大使館など最寄りの日本国大使館等で英文翻訳証明書(自動車運転免許証抜粋証明)を取得する必要があります。なお,車を利用する際には次の点に十分注意してください。
(1)道路状況は日本よりも悪いので,十分注意して運転してください。特に,郊外や地方では速度超過や,動物の飛び出しなどにも十分注意して運転することが必要です。
(2)都市部の一部を除き,道路には照明がありません。道路状況が悪いこともあり,交通事故の可能性が高くなるので,夜間走行はできるだけ避けてください。
(3)国境は夜間閉鎖されます。出入国管理事務所の中には午後4時に閉まるところがありますので注意してください。
(4)自動車を運転する場合には,必ず傷害保険等に加入してください。

4 長期滞在者向け注意事項 
現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく在南アフリカ共和国日本国大使館(スワジランドを兼轄)に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(ORRネット,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,在南アフリカ共和国日本国大使館まで送付してください。

5 短期滞在者向け注意事項
 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,外務省海外旅行登録「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )。「たびレジ」に渡航期間・滞在先・連絡先等を登録すると,滞在先の最新の安全情報がメールで届き,緊急時には在南アフリカ共和国日本国大使館からの連絡を受けることができます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。


○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−