=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 滞在時の留意事項

1.ナミビアは左側通行で,右側からの車輌が優先となります。交差点やT字路では,原則として一時停止線があり,1台ずつ交互に通過することが慣習となっています。ナミビアでは,国際運転免許証,又は外国の運転免許証でも運転ができます。ただし,免許証が英語で記載されていない場合には,日本国大使館などの公的機関が発行した英文翻訳証明書を併せて所持する必要があります。

2.駐停車中の車両に近づき車内の荷物を奪う強盗事件が報告されております。運転中は窓を閉めてドアをロックし,携帯電話やハンドバックなどの貴重品を助手席等の外から見える所に置かないよう注意してください。また,見知らぬヒッチハイカーは絶対に乗せないでください。運転中の犯罪の多くは,運転手の気をそらしてから実行に移します。走行中に並走している車から,車に異常があるから確認した方が良いと促され,停車して車体確認をしている最中に金品を強奪される事件も確認されている為,注意が必要です。
 国内の道路の殆どは未舗装でかつ滑りやすいため,日本人旅行者が運転する車が横転して死傷する交通事故が発生しています。シートベルトは必ず着用し,スピードの出し過ぎや急ハンドル,急ブレーキは禁物ですので,次の点に留意し安全運転を心がけてください。
(1)予期せぬところで道路の路肩が崩れていたり,穴が開いていることがあります。また,野生動物や家畜が道路にいることもありますので注意してください。

(2)郊外の道路で高速走行中に追い越す際は対向車に注意してください。

(3)外灯が少なく,夜間は野生動物の活動が活発なことから,夜間に郊外を走行することは危険ですので避けてください。レンタカー等で移動する際は,日の入り前に到着出来るよう,事前のプランニングが重要です。

(4)飲酒運転が多いので,夜間市街地を走行する際には注意してください。

(5)都市部以外ではガソリンスタンドが少ないので,スタンドを見かけたらこまめに給油し,エンジンの冷却水,オイルもその都度チェックすることを心がけてください。砂漠地帯や自然公園等を長距離走行する場合には,予備のガソリンタンク,スペアタイヤ(少なくとも2個)と飲料水の用意をお勧めします。
わずかな時間でも車から離れる時はバック,財布,携帯電話等を車内に残さない様注意し,必ずドアロックをして下さい。
ガソリンスタンドにおける車上荒しも発生しています。店員が近くにいても安心せず,給油中も車外から荷物が見える状態で車を離れないようにする等,注意が必要です。

(6)外国人観光客による無謀運転の事故も発生しています。事故の多くは,スピードの出し過ぎが原因です。煽られても焦らず,法定速度を遵守して運転することを心掛けてください。

(7)交通事故に遭うと,医療や運搬費などで多額の経費が必要となります。レンタカーを借りる際には必ず保険に加入してください。自損事故,法定速度超過や飲酒が原因,横転事故などは免責事項であるとして保険がおりないケースもありますので,手続きの際には十分に保険内容を確認してください。

(8)流しのタクシー運転手には十分気をつけてください。無免許にも関わらず,タクシー運転手として生計を立てている者も存在します。彼らの運転マナーは非常に悪く,車輌の整備もされていないことがほとんどです。乗客を乗降させるために突然停止することは日常茶飯事で,タクシーが絡む追突事故等も多数確認されています。

3.外出の際は,なるべくホテルやロッジの金庫を利用し,貴重品や多額の現金を持ち歩かないでください。旅券はコピーを携行してください(ナミビア政府発行の身分証明書がある場合を除く)。また,通りを一人歩きする際には,常に周囲に注意を払う等用心し,細い路地等にはなるべく入らないでください。繁華街やショッピングモール等での買い物時は,ハンドバック,ショルダーバッグ,バックパック等は必ず体の前で抱えジッパーは常時閉めて下さい。携帯電話や財布をパンツの後ろのポケットに入れないようにして下さい。夜8時以降(日の入り後)の徒歩での移動は避けてください。路上で外国人旅行者を狙う犯罪は,首都ウィントフック及び郊外の至る所で確認されています。

4.タクシーを利用する際は,流しのタクシーではなく,観光局に確認する,ホテルに依頼するなどして信頼できる業者を選んでください。車内の金銭を搾取したとして運転手から訴えられたケースがありますので,車内に一人きりになるようなことは避けてください。また,暗くなってからのタクシーの利用は避けてください。

5.ツアーに参加している場合でも,自分の荷物には常に注意を払ってください。特に,旅券を紛失すると再発給に数日を要しますので,旅行日程そのものの変更を余儀なくされます。

6.ATM等で現金を引き出す際は,見知らぬ人が近くにいないことを確認する等,周囲の状況に十分な注意が必要です。冒頭でも述べたように,警備員がいても安心することなく,銀行に設置されているATMを利用することが肝要です。

7. レストランやバー,商店でクレジットカードを利用する場合はカードから目を離さず暗証番号を入れる場合は周囲の状況に十分な注意が必要です。使用後は自身のステートメントをこまめに確認する等,被害を最小限に留める行動を心掛けてください。

8.現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく在ナミビア日本国大使館に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(ORRネット,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,最寄りの在外公館まで送付してください。
なお,在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,外務省海外旅行登録「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )。「たびレジ」に渡航期間・滞在先・連絡先等を登録すると,滞在先の最新の安全情報がメールで届き,緊急時には在外公館からの連絡を受けることができます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−