=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 滞在時の留意事項

1 シエラレオネ・ルンギ国際空港と首都フリータウンは湾で隔てられており,アクセスが悪いので注意が必要です。空港からフリータウン市内への移動手段としてフェリー及び水上タクシーがあり,最近では複数の業者が運行しています。また,航空機の乗客が利用する水上タクシーとは別に,現地の方が利用するスピードボートの転覆事故が発生しています。悪天候時には混雑が予想されるため,注意が必要です。

2 公共施設(特に軍・公安関係施設)の写真撮影は,事前に許可を得る必要があります。また,一般の人や住居についても,無断で写真を撮ると相手の反感をかったり,金品を要求される場合がありますので,十分注意する必要があります。

3 麻薬類の所持,持ち込み等は禁止されており,違反者は厳しい処罰を受け,最低でも7年以上の懲役に処せられます。

4 在留届
 現地に3か月以上滞在される方は,「在留届」の提出が義務づけられており,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なくシエラレオネを管轄している在ガーナ日本国大使館に在留届を提出してください。また,住所その他の届出事項に変更が生じたとき又は現地から転出するときは,必ずその旨を届け出てください。なお,在留届は,在留届電子届出システム(ORRネット,http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )による登録をお勧めします。また,郵送,FAXによっても届出を行うことができますので,在ガーナ日本国大使館まで送付してください。

5 「たびレジ」
 在留届の提出義務のない3か月未満の短期滞在の方(海外旅行・出張者など)について,現地での滞在予定を登録していただけるシステムとして,2014年7月1日から,外務省海外旅行登録「たびレジ」の運用を開始しています(http://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )。登録者は,滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール,また,いざという時の緊急連絡などの受け取りが可能ですので,是非活用してください。

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−