=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 滞在時の留意事項

1 在留届
 現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく在ギニア日本国大使館に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(オンライン在留届,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,在ギニア日本国大使館まで送付してください。

2 「たびレジ」
 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html )。「たびレジ」は,滞在先の最新の安全情報などを日本語のメールで受け取れる外務省のサービスです。登録した情報は,ギニアで事件や事故,自然災害等が発生した際に,在ギニア日本国大使館が安否確認を行う際にも利用されます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。

3 旅行制限
 外国人に対する国内旅行制限は特にありませんが,路上検問が各地で行われているので,旅券等の身分を証明できる物を常に身につけておく必要があります。(旅券の紛失には十分注意してください)

4 写真撮影の制限
 政府関係施設(庁舎、軍兵舎等)及び公共施設(港湾、空港等)の写真撮影は禁止されています。市街地を撮影する場合でも公共施設が多いため注意する必要があります。カメラを所持している者に対し,私服警官により職務質問が行われる可能性もあります。

5 ハーグ条約
 ギニアは,国境を越えて不法に連れ去られた子の返還の仕組み等を定める「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)」の締約国です。一方の親の監護権を侵害する形で子どもを常居所地国であるハーグ条約締約国から他のハーグ条約締約国へ連れ去り又は留置した場合は,原則的に子が常居所地国に返還されることとなります。ハーグ条約についての詳細はこちらのページをご覧下さい。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hague/index.html

6 各種取締法規
(1)麻薬
 ギニアにおける麻薬の所持及び売買は,その種類を問わず固く禁止されています。違反者に対しては罰金又は禁固刑が科されます。
(2)不法就労
 外国人が就労する場合は,労働局において、契約書(規定のフォーム)等必要書類を提出し,就労許可証を取得しなければなりません。この手続きを踏まない場合は,不法就労者として国外退去を命じられます。
(3)政治活動
 言論・出版・集会・結社等による政治活動についての規制は厳しくありませんが,完全に自由ではなく,外国人が政治活動を行うことは慎むべきと思われます。外国の新聞・雑誌の発禁措置が取られることもあります。
(4)銃器
 街中では,自動小銃を所持した軍人の姿が見られます。一般人による銃器の携帯は狩猟及び護身用に申請されたもの以外は許可されていませんが,闇市場で流通しており,銃を用いた犯罪も発生しています。
(5)検問
 治安維持の観点から,毎日午後11時頃より市内,郊外の交通要所において,軍や警察等による検問が行われています。外国人に対しては何かと不当に金品を要求する場合があるので、可能な限り夜間の外出は避けた方が良いでしょう。
(6)交通事情
ア 交通規則等
 車の通行は右側通行です。首都コナクリ市内でも信号が少ないため,大きな交差点等では混雑時に警察官が交通整理をしています。時間帯により,一方通行となる道路や進入禁止となる道路がありますが,道路標識が十分に設置されているとは言えず,簡易なバリケードを設置するのみであるため,交通ルールが遵守されない傾向にあります。交通違反の取り締まりは適宜行われておりますが,外国人が乗る車は特に取り締まりの対象になりやすく,不当に金品を要求される場合があるので注意が必要です。
イ 運転する際の注意事項
 道路事情は悪く,道に穴があいている,障害物が道を塞いでいる,側溝にふたがされていない,街灯が無い等,夜間及び降雨時に運転する際は特段の注意が必要です。交通量は多く,特に朝夕は混雑が激しくなり渋滞が発生します。運転マナーは悪く,特に無理な追い越し,意味のない車線変更,小道からの飛び出し,タクシーの急停車・急発進が目立ち,制限速度以上に速度を上げている車も散見されます。歩行者は,横断歩道が無いことや渋滞のため道路横断に時間がかかるので,車が途切れた僅かな瞬間(車間距離をあけて走行している際は特に)に,無理に飛び出してくることが多くあります。
 市内の主要交通手段はバス,タクシーですが,運転が荒く車両の整備状態も悪いことから,故障,事故が多発しているため,安全上の観点から,利用する際には十分注意した方が良いでしょう。また,週末には道路上でサッカーや結婚式,宗教的行事等が多くみられます。これらに遭遇した際には,クラクションを鳴らして無理に通行しようとしたりすると,集団が暴徒化して襲われる可能性もありますので,迂回路を使用する等注意が必要です。

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−