=-=-=-=-=-=-=-=

=-=-=-=-=-=-=-=
● 滞在時の留意事項

1.政府施設,軍事施設,橋の写真撮影禁止について
 警察署等の政府施設,軍事施設,橋の写真を無断で撮影することは法律で禁じられており,発見された場合には,エチオピア警察により逮捕されます。

2.麻薬について
 薬物の所持,使用,輸入等は禁止されており,違反者は厳しく罰せられます。
絶対に関わらないでください。

3.銃等の武器について
 アディスアベバを含む国内には,自衛の目的や家畜を守るためにライフル銃が出回っています。そのため,銃を使用した犯罪が発生するおそれがありますので,夜間の外出は避けるとともに,軽微なトラブルや些細な口論も避けることが肝要です。

4.交通事情
(1)エチオピア国内は,未舗装の道路も多く,路上の随所に穴が空いている,信号機が稼働していない等,道路状況が非常に悪いため,至るところで交通事故が発生しています。また,急発進,急ブレーキ,急な割り込みをするドライバーが多く,人や家畜(牛,ロバ,ヤギ,羊等)の飛び出しは日常茶飯事です。加えて,道路に大きな石が置いてあることもあるので,車を運転する際は注意してください。
(2)地方へ陸路で移動する場合は,大型バスの利用やツアー会社から車をチャーターすることをお勧めします。ミニバスは頻繁に事故を起こしており,幹線道路において大型トラックとの衝突事故による死亡事案が頻繁に発生しております。
(3)交通事故が発生した場合,近くのエチオピア人が車の周りを取り囲み,加害者を集団暴行する場合があるので,交通事故は起こさないようにすることはもとより,万一起こしてしまい,身の危険を感じた時には,車内に入り内側から鍵を掛け,身の安全を確保してください。

5.クレジットカードについて
 エチオピア国内では,主要なクレジットカード以外は利用できないことがあります。また,回線の状況により利用できないこともあります。日本国内の銀行やクレジットカード会社と提携しているキャッシュカードやクレジットカードを持っていても,ATMで現金を引き出せないことがありますので,入国の際は米ドルやユーロの現金を所持することをお勧めします。

6.滞在中盗難等により携行品を失った場合には,24時間以内に最寄りのエチオピア警察署へ犯罪被害の届出を行い,エチオピア警察から盗難証明書の発行を受けることをお勧めします。帰国してからの保険請求に必要となります。

7.在留届の提出
現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく在エチオピア日本国大使館に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(オンライン在留届,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,在エチオピア日本国大使館まで送付してください。

8.たびレジへの登録
在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html )。「たびレジ」は,滞在先の最新の安全情報などを日本語のメールで受け取れる外務省のサービスです。登録した情報は,エチオピアで事件や事故,自然災害等が発生した際に,在エチオピア日本国大使館が安否確認を行う際にも利用されます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。

○外務省 領事サービスセンター(海外安全担当)
電話:(外務省代表)03-3580-3311 (内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−