=-=-=-=-=-=-=-=

台湾

=-=-=-=-=-=-=-=
● 滞在時の留意事項

1 たびレジ
 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方は、「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html )。「たびレジ」は、滞在先の最新の安全情報などを日本語のメールで受け取れる外務省のサービスです。登録した情報は、台湾で事件や事故、自然災害等が発生し、日本台湾交流協会台北事務所ないしは高雄事務所が安否確認を行う際にも利用されます。安全情報の受け取り先として、家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので、併せてご活用ください。

2 在留届
 台湾に3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡などに必要ですので、到着後遅滞なく日本台湾交流協会台北事務所ないしは高雄事務所に「在留届」を提出してください。また、住所その他届出事項に変更が生じたとき、又は日本への帰国や転居する(一時的な旅行を除く)際には、必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は、在留届電子届出システム(オンライン在留届、https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html )による登録をお勧めしますが、郵送、ファックスによっても行うことができます。
 在留届は、台湾での大規模事故、地震・台風等の自然災害による大きな被害が発生した際に、邦人の安否確認に大きな役割を果たしています。また、在留届に記載されたメールアドレスには、安全情報や台湾当局の防疫措置等の各種情報を定期的に配信しています。

3 旅行制限
 軍事関連地域等を除き、制限は特に設けられていません。

4 写真・動画撮影の制限
 軍事関連地域・施設等を除き、制限は特にありませんが、台北松山空港、台中空港、台南空港等の一部の空港が軍・民共用となっていますので、注意が必要です。台湾では、軍事施設の写真撮影が禁止されており、有期懲役の罰則のほか、撮影に使用したカメラ等を没収することができる旨の規定があります。過去には、花蓮空港で写真を撮っていた日本人が戦闘機を撮影したのではないかと疑われ、警察から事情聴取を受けた例があります。飛行機の中から空港施設を撮影することは控えるとともに、空港内で撮影する場合には撮影制限に関する標識の有無をあらかじめ確認するようにしてください。また、空港から一定の距離範囲では、ドローンなど無人飛行機を飛ばすことが禁止されています。

5 防空演習
 台湾では、例年夏頃、台湾全土で、緊急事態に対する危機意識を高めるとともに、緊急事態が発生した際の対応の練度を高めることなどを目的とした防空演習が行われています。演習中は、台湾全土で防空警報(サイレン)が鳴るほか、演習開始時と終了時に、各人の携帯電話にメッセージが発信されます。2021年の防空演習では、新型コロナウイルス感染症対策を担う中央感染症指揮センターの指導により、従来の防空演習で実施されていた住民や車両に対する避難指示や交通規制は行われませんでしたが、避難指示や交通規制が発出された場合に、これらの指示や規制に従わなかった場合には、罰金が科せられるおそれがあります。防空演習中は、係員の指示に必ず従うようにしてください。

6 喫煙場所
 台湾では、ほとんどの施設内およびパブリックスペースにおいて全面禁煙となっており、これに違反した場合には、喫煙者に罰金が科せられることがあります。喫煙される方は、喫煙マナーを守るよう十分に注意してください。

7 各種取締り
(1) 違法薬物
 台湾における違法薬物の取締りは非常に厳しく、薬物犯罪(製造、密輸入、販売)の最高刑は死刑となっています。違法薬物に興味を示さないことはもちろんのこと、繁華街の路地裏等の犯罪の温床となるような場所には近付かない、不審と思った物(タバコや高級茶葉と称される例が多い)は購入しないようにしてください。また、自分では気付かない間に「運び屋」として利用される可能性もありますので、見知らぬ人や知り合ったばかりの人から、「○○さんへのおみやげを持って行ってほしい。」といった依頼を受けた場合は、毅然とした態度で断るようにしてください。
 なお、知らない間に手荷物に違法薬物を入れられる可能性もあることから、特に空港等においては、手荷物の管理を徹底するようにしてください。
(2) 銃器
 台湾では、銃砲刀剣類等を許可なく製造、販売、密輸入、携帯するなどの行為が厳しく規制されています。罰則の最高刑は死刑であるほか、高額な罰金も規定されているなど、日本と比べて非常に厳しい規定となっています。
(3) 売買春
 台湾では、売買春行為は違法であり、違反者には罰金が科せられることとなっています。過去に日本人が検挙されたケースもありますので、こうした行為は慎んでください。
(4) 賭博
 台湾では、いかなる場所においても財物を対象とした賭博は禁じられており、違反者には罰金が科せられることとなっています。
(5) 肉製品の持込み
 諸外国・地域におけるアフリカ豚熱の等の動物疾病の発生により、台湾でもその侵入を防ぐため、肉製品(牛、豚、鳥等由来のもの)の持込みを制限しています。違反者には、高額の罰金が科されるほか、入境拒否等の処分があることから、台湾に渡航される際には十分に注意してください。不明な点があれば、行政院農業委員会動植物防疫検疫局(https://www.baphiq.gov.tw/index.php)までお問い合わせください。
(6) 政治活動
 日本人を含む外国人が政党等から招かれ、各種選挙活動に参加することは禁止されています。仮に違反行為が確認された場合、当該外国人は目的外停留・居留として退去強制処分を受けるおそれがありますのでご注意ください。
 なお、台湾では、集会、座り込み、デモ行進等の街頭政治活動が頻繁に行われる傾向にあり ます。実際に抗議活動が行われている場面に遭遇した場合には、デモ活動をしていると見なされるおそれがあるため、その場所には近付かないようにしてください。

8 交通事情
(1) 交通手段  
 いずれの公共交通機関も日本より運賃が安くて移動には便利ですが、日本とは異なる事情に留意して利用してください。
ア 鉄道
 台北と高雄を結ぶ台湾高速鉄道(高鐵)をはじめ、台湾内は各種鉄道網が整備されています。また、台北、高雄等の都市部では、「捷運」という地下鉄(MRT)が整備されています。地下鉄の車両内で飲食すること、ガムや檳榔(ビンロウ:噛みタバコのような物)を噛むこと等が法令で禁止されており、違反者に罰金が科せられることがありますので注意してください。
 なお、空港や鉄道のエスカレーターを使用する際には右側に立つとともに、ガイドブックやスマートフォンを見ながら歩く行為を控えるなど、無用のトラブルを避けるようにしてください。
イ バス
 台北、高雄等の都市部では、バス路線も整備されています。バスのほとんどがバス専用レーンを走行するので、渋滞を気にせずに乗ることができます。しかし、日本と異なり、運転手は乗客が席に座るのを待つことなく走行し始めたり、突然急ブレーキをかけたりするなど、運転が荒い傾向があることから、乗車中はつり革や手すりにしっかり掴まるようにしてください。
ウ タクシー
 タクシーは、黄色の車体に「計程車」や「出租汽車」という記載があり、路上でタクシーを拾うことも簡単です。しかし、タクシーを利用した際に、運転手によるメーターの操作、遠回り、暴行事案、偽札とのすり替え等のトラブルも発生していることから、以下の点に留意してください。
○車体の汚れがひどい、傷や事故の痕跡が見られるタクシーへの乗車は避ける。
○窓に不透明なフィルムが貼ってあるなど、車内が外から見えにくいタクシーへの乗車は避ける。
○運転者が酒臭い、服装が乱れている場合には、乗車を避ける。
○女性一人でのタクシーへの乗車はできる限り避ける。
○運転の乱暴なタクシーや故意に遠回りするタクシーに乗った場合には、無用な口論は避け面倒でも料金を払って降車し、別のタクシーに乗り換える。
○運転手から紙幣の交換に関する申し出があった場合には、偽札とのすり替えの可能性があることから安易に応じない。
○降車時にはレシートをもらうとともに、運転手の名前や車両ナンバーを控えることを心掛け、車内に忘れ物をした場合等に備える。
○降車時には、タクシーの脇をすり抜けるバイクがあることから、後方を十分に確認する。
(2) 台湾における車両の運転
 日本の運転免許証を所持している方は、当該免許証と中国語翻訳文を携帯すれば、入境後1年以内かつ同免許証の有効期間内に限り台湾で自動車等を運転することができます。中国語翻訳文は、日本台湾交流協会台北事務所または高雄事務所において申請して入手できるほか、日本国内の一般社団法人日本自動車連盟(JAF)の支部窓口で申請して入手することもできます。車両を運転する際には、翻訳文に記載されている運転が可能な車両区分に従うほか、台湾で車両を運転している際に警察官が入境日を確認するために旅券の提示を求める場合があることから、旅券も忘れずに携帯するようにしてください。
 また、車両を運転する際には、運転者として以下の点にも留意してください。
○後部座席を含む車両の各座席でのシートベルト着用が義務付けられており、違反した場合には罰金の対象となるおそれがあります。(同乗者がシートベルトを着用していない場合は、運転者が罰金の対象となりますので、同乗者にシートベルトを着用するように促してください)
○12歳以下または体重36kg以下の児童を乗車させる際には、成長段階に合わせた各種チャイルドシートの着用が義務付けられています。
○運転手が運転中に携帯電話やスマートフォン等を手に持って操作、通話等をした場合、または、運転中にたばこを保持していて他人の車の安全に影響を与えるなどした場合には、罰金の対象になるおそれがあります。
○停車後の車のドア開閉により交通事故を発生させた場合には、罰金が科せられるおそれがあります。

9 自然災害
 台湾は、世界有数の地震多発地帯に位置していることから、度々大きな地震が発生しています。最近では、2016年2月に台南市で震度7、2018年2月に花蓮市で震度7、2019年4月に花蓮市で震度7の地震が発生しています。滞在中に大きな揺れを感じたら、周囲の状況に応じて安全な場所に避難するとともに、海岸付近に滞在している場合は、津波を警戒し、高台に避難するなどの措置を講じるようにしてください。
 また、7月から9月の台風シーズンには、暴風雨による停電、浸水、土石流が発生する可能性があります。台湾では、台風による自然災害が発生するおそれがある場合には、各市・縣が「停班停課」(政府機関の業務停止や公・私立学校の休校)を発令することもあり、目的の観光施設の休業も考えられます。台風が台湾に接近している際には、最新の気象情報等を入手し、警戒を怠ることのないように心掛けてください。


−−−−−−−−−−
トップページ
−−−−−−−−−−