情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は2016年04月04日(日本時間)に失効しました。

イラク:エルビル市内での爆弾テロ事案発生に伴う注意喚起

2015年04月18日
1.17日午後(現地時間),イラク北部クルディスタン地域のエルビル市アインカワ地区に所在する米国総領事館入口付近で車両爆弾が爆発し,クルディスタン地域政府(KRG)によれば,5名が死亡,8名が負傷しました。同日夜、ISIL(イラク・レバントのイスラム国)が犯行声明を出しています。同市での爆弾テロ事案の発生は、2014年11月19日の県知事事務所の検問所付近における自爆テロ事件以来となります。(2014年11月20日付スポット情報「イラク:エルビル市内での爆弾テロ事案発生に伴う注意喚起」参照)

2.イラク北部及び西部では, 8月6日以降,エルビル県の県境周辺地域等においてペシュメルガ(KRGの軍事組織)とISILとの戦闘が継続しており,これら一帯では米軍等による空爆も続いています。

3.現在,クルディスタン地域3県に対する危険情報として,他県との県境付近に「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」を,エルビル市を除くエルビル県及び他国との国境付近に「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を,その他の地域に「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」をそれぞれ発出しています。上記の情報を踏まえ,「退避勧告地域」及び「渡航中止勧告地域」には,いかなる理由であれ渡航を控えてください。万一,「退避勧告地域」或いは「渡航中止勧告地域」に既に滞在されている方については,速やかに退避していただくとともに退避までの期間の緊急連絡先を外務省邦人テロ対策室又は在イラク日本国大使館まで至急連絡するようお願いします。

4.「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」が発出されている地域についても,渡航すべきか否かは慎重に判断してください。やむを得ず渡航される場合には,現在,KRG当局を含むイラク国内の治安当局がISIL支配地域への渡航者に対する警戒を強めていること,本件のような事案が発生し得ることを考慮し,行動には十分に注意してください。

イラク「海外安全情報」:
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_045.html#ad-image-0

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)3680
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館連絡先)
○在イラク日本国大使館
 住所:International Zone,Baghdad, Iraq
 電話:(870-772)-543-197(衛星電話)
 FAX:(870-782)-174-466
 緊急連絡先:+964-(0)77-0494-2018
 URL:http://www.iraq.emb-japan.go.jp/Japanese/index_j.html
 E-mail:embjp.ryoji.iraq@bd.mofa.go.jp