ギニア | Guinea > 安全対策基礎データ

※本情報記載の内容(特に法制度・行政手続き等)については、 事前の通告なしに変更される場合もありますので、渡航・滞在される場合には、渡航先国の在外公館または観光局等で最新情報を確認してください。

● 犯罪発生状況、防犯対策


1 犯罪発生状況
 ギニア治安・市民防衛省によれば,スリや置き引きといった軽度の犯罪の増加と共に,強盗や殺人といった重度の犯罪や,武装して軍人の身なりをした者の犯行も多く報告されています。最も狙われやすいのはギニア人の裕福な家庭であり,次いでギニア経済に深く浸透しているレバノン人と言われています。
 しかし,当地駐在の外交団・国際機関及び外資系企業関係者や日本人に対する被害も少なからず報告されています。最近では,中国企業や商人の進出も目立ち,中国人を標的とした犯罪に日本人が中国人と間違えられ巻き込まれる危険性も排除できず,注意が必要です。

2 日本人の被害例
 日本人旅行者及び滞在者が少ないことから,日本人の犯罪被害件数は多くありませんが,首都のコナクリ市内において実際にあった最近の被害例は以下のとおりです。
(1)コナクリ市カマイエンヌ地区における空き巣によるパソコン機器の盗難事件。
(2)コナクリ市アンタ地区における車上荒らしによる旅券の盗難事件。

3 犯罪被害危険地域
 コナクリ市内においては,ほぼ全域で犯罪が発生していますが,特にコナクリ中心部のマトトやラトマの両地区では強盗・殺人等の凶悪犯罪が発生しています。
 また,地方都市においては,犯罪被害に関する明確な情報がないため,十分な注意が必要です。
 犯罪発生のキーワードとして,雨季,深夜,高級住宅街,住宅密集地,水及び電力供給の不安定地域,ラマダン明け等が挙げられます。

4 防犯対策
 「外国人は目立つ」,「外国人は金持ちに見られる」という意識を常に持ち,油断や隙を見せないようにし,徒歩での外出は避け,夜間の外出も最小限とした方が良いでしょう。
 自宅の防犯対策としては,終日,警備員を雇うことや(または家主に雇わせる),番犬を飼うことも効果的です。各窓には鉄柵を設け,扉は二重鉄製のものを選び,鍵も複数設置した方が良いでしょう。また,使用人や運転手等日頃自宅に出入りする者とは,良好な関係を築くようにしましょう。

5 テロ
 これまでに,ギニアにおいて日本人・日本権益を直接標的としたテロ事件は確認されていませんが,近年,シリア,チュニジア及びバングラデシュにおいて日本人が殺害されたテロ事件や,パリ,ブリュッセル,イスタンブール,ジャカルタ等でもテロ事件が発生しています。このように,世界の様々な地域でイスラム過激派組織によるテロがみられるほか,これらの主張に影響を受けた者による一匹狼(ローンウルフ)型等のテロも発生しており,日本人・日本権益が標的となり,テロを含む様々な事件の被害に遭うおそれもあります。このような情勢を十分に認識して,誘拐,脅迫,テロ等に遭わないよう,また,巻き込まれることがないよう,海外安全情報及び報道等により最新の治安・テロ情勢等の関連情報の入手に努め,日頃から危機管理意識を持つとともに,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

● 査証、出入国審査等


(手続きや規制に関する最新の情報については駐日ギニア共和国大使館(03-3770-4640)にお問い合わせください。)

1 査証
 日本との査証免除取極はなく,渡航目的・滞在期間を問わず,渡航前に駐日ギニア共和国大使館で査証を取得することが必要です。
 短期滞在査証では3か月の滞在が可能です。それ以上の滞在の場合には,入国後に出入国管理事務所で長期滞在査証を取得することが必要です。

2 出入国審査
 ギニア入国には有効な旅券(残存有効期間に関係なく),査証及びイエローカード(黄熱予防接種証明書)が必要ですが,空港の税関等の関係者は細かい質問や不当な要求をする傾向がありますので注意してください。

3 外貨申告
 入国時には所持している外貨の申告は義務づけられていませんが,多額の外貨(株,小切手,土地の権利書等を含む)を持ち込む場合,所持外貨の申請を行い,証明書を受け取ることをおすすめします。出国時には5,000米ドル以上(18歳未満の子供帯同時は1人につき500米ドル追加,また,米ドル以外の外貨は米ドル相当額)の外貨を所持していると一部没収の対象となります。現地通貨(ギニア・フラン)の国外持ち出しは10万ギニア・フラン(邦貨約1,200円)までであり,出国時,空港でその額を超える額の所持が発覚した場合,超過分は没収されます。

4 通関
 入国及び出国時には,荷物の開封検査と身体検査を要求されることが多くあります。麻薬,武器,爆発物,わいせつ物の持ち込みは厳禁とされており,発覚すると即刻逮捕されます。1,100米ドル相当額を超える物を持ち込む場合は税関に申告する必要があります。動植物やワシントン条約で売買が規制されているものの持ち出しや持ち込み,および文化的価値のあるものの持ち出しはギニア政府の許可が必要です。

● 滞在時の留意事項


1 在留届(3か月以上の長期滞在の方)
 現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なくギニア日本国大使館に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(ORRネット,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,ギニア日本国大使館まで送付してください。

2 たびレジ(在留届の提出義務のない3か月未満の短期滞在の方)
 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,外務省海外旅行登録「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )。「たびレジ」に渡航期間・滞在先・連絡先等を登録すると,滞在先の最新の安全情報がメールで届き,緊急時には在外公館からの連絡を受けることができます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。

3 旅行制限
 外国人に対する国内旅行制限は特にありませんが,路上検問が各地で行われているので,旅券等の身分を証明できる物を常に身につけておく必要があります。

4 写真撮影の制限
 政府関係施設(庁舎、軍兵舎等)及び公共施設(港湾、空港等)の写真撮影は禁止されています。市街地を撮影する場合でも公共施設が多いため注意する必要があります。カメラを所持している者に対し,私服警官により職務質問が行われる可能性もあります。

5 ハーグ条約
 ギニアは,国境を越えて不法に連れ去られた子の返還の仕組み等を定める「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)」の締約国です。一方の親の監護権を侵害する形で子どもを常居所地国であるハーグ条約締約国から他のハーグ条約締約国へ連れ去り又は留置した場合は,原則的に子が常居所地国に返還されることとなります。ハーグ条約についての詳細はこちらのページをご覧下さい。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hague/index.html

6 各種取締法規
(1)麻薬
 ギニアにおける麻薬の所持及び売買は,その種類を問わず固く禁止されています。違反者に対しては罰金又は禁固刑が科されます。
(2)不法就労
 外国人が就労する場合は,労働局において、契約書(規定のフォーム)等必要書類を提出し,就労許可証を取得しなければなりません。この手続きを踏まない場合は,不法就労者として国外退去を命じられます。
(3)政治活動
 言論・出版・集会・結社等による政治活動についての規制は厳しくありませんが,完全に自由ではなく,外国人が政治活動を行うことは慎むべきと思われます。外国の新聞・雑誌の発禁措置が取られることもあります。
(4)銃器
 街中では,自動小銃を所持した軍人の姿が見られます。一般人による銃器の携帯は狩猟用に申請されたもの以外は許可されていませんが,闇市場で流通しており,銃を用いた犯罪も発生しています。
(5)検問
 治安維持の観点から,毎日午後11時頃より市内,郊外の交通要所において,軍や警察等による検問が行われています。外国人に対しては何かと不当に金品を要求する場合があるので、可能な限り夜間の外出は避けた方が良いでしょう。なお,万が一そのような金品の要求を受けた場合には,不用意に抵抗しないことが賢明といえます。
(6)交通事情
ア 交通規則等
 車の通行は右側通行です。コナクリ市内には信号が少ないため,大きな交差点等では混雑時に警察官が交通整理をしています。時間帯により,一方通行となる道路や進入禁止となる道路がありますが,道路標識が十分に設置されているとは言えず,簡易的なバリケードを設置するのみであるため,交通ルールが遵守されない傾向にあります。交通違反の取り締まりは適宜行われておりますが,外国人が乗る車は特に取り締まりの対象になりやすく,大きな問題にもなることがあるので注意が必要です。
イ 運転する際の注意事項
 道路事情は悪く,道に穴があいている,障害物が道を塞いでいる,側溝にふたがされていない,街灯が無い等,夜間及び降雨時に運転する際は特段の注意が必要です。交通量は多く,特に朝夕は混雑が激しくなり渋滞が発生します。運転マナーは悪く,特に無理な追い越し,意味のない車線変更,小道からの飛び出し,タクシーの急停車・急発進が目立ち,制限速度以上に速度を上げている車も散見されます。歩行者は,横断歩道が無いことや渋滞のため道路横断に時間がかかるので,車が途切れた僅かな瞬間(車間距離をあけて走行している際は特に)に,無理に飛び出してくることが多くあります。
 市内の主要交通手段はバス,タクシーですが,運転が荒く車両の整備状態も悪いことから,故障,事故が多発しているため,安全上の観点から,利用する際には十分注意した方が良いでしょう。また,週末には道路上でサッカーや結婚式,宗教的行事等が多くみられます。これらに遭遇した際には,クラクションを鳴らして無理に通行しようとしたりすると,集団暴徒化する可能性もありますので,迂回路を使用する等注意が必要です。

● 風俗、習慣、健康等


1 風俗,習慣,国民性に関する留意事項
 アフリカ諸国の中でも,ギニア国民は一般的に温厚と言われています。宗教は多くの人々がイスラム教を信仰しています。失業者が多く,貧困者や障害者が物乞いをする傾向があります。

2 健康等
 衛生状態は劣悪であり,食事をとる際には十分な注意が必要です。基本的な注意事項としては,石けんで手をよく洗うこと,生水の飲用や生野菜は避けることでしょう。肉,魚,卵等はよく火の通ったものを食べ,外出先で出される飲み物には氷を入れないようにしてもらうことも必要です。また,路上で調理販売されている食品は,衛生管理等への配慮がなされているとは言えません。外国人が利用するホテルのレストランでも時々食中毒が発生しますので,火の通ったものを選んでください。
日本では見られないような感染症が多くるため,ギニア入国前に各種の予防接種を受けておくことを強く推奨します。
  医療施設について,首都コナクリに存在する公立の大きな病院であっても衛生的に問題があり,医療設備が完全に整っておらず,十分な医療は期待できません。なお,コナクリ市内には,比較的信頼のおける私立医療機関が存在し,病状の判定は可能です。軽微な傷病であれば治療も可能ですが,重症あるいは外科的加療を必要とする場合には,対応可能な施設を有する近隣諸国またはヨーロッパ等へ緊急移送を行うことになるので,海外旅行保険には必ず加入してください。医療施設等の情報を含め,詳細については「世界の医療事情(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/africa/guina.html )」をご参照ください。また,そのほか必要な予防接種等については,以下の厚生省検疫所ホームページもご参考ください。
●感染症情報(http://www.forth.go.jp

3 その他
 イスラム教では,金曜日が集団礼拝の日とされており,その機会を利用して,政治的スピーチやデモが行われ,それが大規模化,暴徒化する場合があります。また,その際,モスク等宗教施設やデモ等を狙ったテロや襲撃が行われることもありますので,特に金曜日には不用意に宗教施設等に近づかないようにしてください。

● 緊急時の連絡先


◎警察
  電話:(市外局番なし)628-32-32-60
     :(市外局番なし)664-28-54-49
◎在ギニア日本国大使館
  電話:(市外局番なし)628-68-38-38~41
   国外からは(国番号224)628-68-38-38~41
  FAX:(衛星電話コード870)782-500-815(インマルサット)

(問い合わせ先)


○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞ヶ関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省海外安全ホームページ:
  http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在ギニア日本国大使館
  住所:Ambassade du Japon en Guinee,Landreah Port,Corniche Nord,Commune de Dixinn,Conakry,Republique de Guinee
  郵便物宛先:B.P.895,Conakry,Republique de Guinee
  電話:(市外局番なし)628-68-38-38~41
   国外からは(国番号224)628-68-38-38~41
  FAX:(衛星電話コード870)782-500-815(インマルサット)
  ホームページ:http://www.gn.emb-japan.go.jp/j/