シンガポール | Singapore > 安全対策基礎データ

※本情報記載の内容(特に法制度・行政手続き等)については、 事前の通告なしに変更される場合もありますので、渡航・滞在される場合には、渡航先国の在外公館または観光局等で最新情報を確認してください。

● 犯罪発生状況、防犯対策


1 シンガポールは安全な国と思われがちですが,市内のレストランやショッピングセンター,路上あるいは空港等でも,置き引き及びスリが頻発しており,パスポートや金品の盗難被害に遭う日本人旅行者が後を絶ちません。また,日本人が深夜路上で凶器を突きつけられ金品を奪い取られる強盗被害も発生したことがあり,警戒が必要です。

2 次のような防犯対策・注意が必要です。
・貴重品や多額の現金は極力持ち歩かない。また,貴重品や現金は分散して持つ。
・一人で行動する時は周囲に注意する(特に夜間の単独行動は控えるように心がける)。
・自分の所持品は他人任せにせず,自分でよく注意を払う(例えば,ホテル,空港,土産品店等混雑した場所では,携行品から目を離さない)。
・財布や貴重品はズボンの後ろポケットやバッグの外側など,盗まれやすい場所に入れない。
・混雑した場所では,バッグ類は身体の前に抱えて持つ。
・犯罪を誘発するような行動や態度をとらないよう注意する(例えば,支払いの際には財布の中身が安易に見えないようにする等)。
・他人にパスポートを安易に渡さない。
・遊泳中は,貴重品などをプールサイドやビーチに放置しない。
・不審者がいないかなど,絶えず自分の周囲に注意を払う。
・インターネットや携帯電話を利用した詐欺行為が横行しているので,見知らぬ人からのメールや連絡には応答しない。
・万が一,強盗に遭遇してしまった場合は抵抗をしない。

3 現在,シンガポールにおいて,イスラム過激派組織等の国際テロ組織によるテロ・誘拐等の報告は確認されていませんが,2016年には過激思想に共鳴したシンガポール人やバングラデシュ人が拘束され,また,インドネシアのバタム島からロケット弾でシンガポールを攻撃しようとしたとされるテロ組織がインドネシア当局により拘束されています。
 近年,シリア,チュニジア及びバングラデシュにおいて日本人が殺害されたテロ事件や,パリ,ブリュッセル,イスタンブール,ジャカルタ等でもテロ事件が発生しています。このように,世界の様々な地域でイスラム過激派組織によるテロがみられるほか,これらの主張に影響を受けた者による一匹狼(ローンウルフ)型等のテロも発生しており,日本人・日本権益が標的となり,テロを含む様々な事件の被害に遭うおそれもあります。このような情勢を十分に認識して,誘拐,脅迫,テロ等に遭わないよう,また,巻き込まれることがないよう,海外安全情報及び報道等により最新の治安・テロ情勢等の関連情報の入手に努め,日頃から危機管理意識を持つとともに,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

● 査証、出入国審査等


(手続き及び規則等に関する最新の情報については,駐日シンガポール大使館(電話:03-3586-9111)等に確認してください。)

1 観光,商用を目的とした旅行で,かつ,3か月以内の短期滞在は査証不要です。入国時には,14~30日間の滞在許可印が押されますので,必ず滞在日数を確認してください。それ以上滞在する場合は,許可期限前に延長許可の手続きを行う必要があります。この手続きを行わないと不法滞在となり,出国の際に罰金刑の対象となり得ますのでご注意ください。なお,ICAのホームページ上で延長手続きが可能ですので,詳細については,ICAのホームページ(http://www.ica.gov.sg/index.aspx )をご参照ください。

2 シンガポール入国のためには旅券の残存有効期間が6か月以上必要です。また,シンガポールから周辺国に入国する際にも,同様に,入国に際し一定の旅券の残存有効期間が必要なケースがありますので,十分ご注意ください。

3 入国審査時に「出入国記録カード」に滞在許可期間を押印されるので,同カードを紛失しないように注意してください。

4 シンガポール出入国の際に,合計20,000シンガポール・ドル(又は相当額外貨)以上の有形通貨(硬貨及び紙幣)又は無記名の譲渡可能証券(トラベラーズ・チェック,小切手,約束手形など)を所持している場合は,申告が義務付けられています。虚偽の申告をした場合は所持金没収ないしは罰金・禁固刑に処せられることもありますので注意が必要です。
 詳しくは,チャンギ国際空港のホームページ(http://www.changiairport.com/passenger-guide/departure/reporting-cash )にてご確認ください。

5 シンガポール・チャンギ空港及びセレター空港発の全航空路線において,液体物(飲料,化粧品等用途にかかわらずその形態が液体であるものに加え,ジェル類,エアゾール等を含む。マンゴープリンが没収された例もあります。)の航空機内への持込が制限されています。
 詳しくは,チャンギ国際空港のホームページ(http://www.changiairport.com/passenger-guide/departure/guidelines-on-hand-carried-luggage/guidelines-on-hand-carried-luggage )にてご確認ください。

6 入国の際に携行するたばこは,量に関係なく課税対象になります。たばこを所持していながら申告しなかったため多額の罰金を徴収されたケースが多発しています。たばこを1本でも持ち込む場合は,申告品がある場合に通過する赤い通関路(「レッド・チャンネル」)で申告してください。
 詳しくは,シンガポール税関のホームページ(http://www.customs.gov.sg/topNav/hom/ )をご参照ください。
 麻薬,ポルノ雑誌,ポルノフィルム,鉄砲(空の薬きょうを含む),武器,刀剣類の他,海賊版CD,チューインガムは輸入が禁止されているのでご注意ください。また,医薬品を持ち込む際には,無用なトラブルを避けるためにも,医師による処方箋(英訳)を携行するようにしてください。
 なお,持ち込み禁止の規制対象物は,健康科学庁のホームページ(http://www.hsa.gov.sg/content/hsa/en.html )をご参照ください。

7 入出国時に指紋の採取が行われます。    
 2016年4月20日よりシンガポールを訪問する方については,港湾および国境検問所において,入出国審査時,指紋の採取がされることになりました。
 この手続きの詳細についてはICAのホームページ(http://www.ica.gov.sg/news_details.aspx?nid=13737 )をご参照ください。

● 滞在時の留意事項


1 各種取締り
(1)シンガポールでは,麻薬の所持,密売等につき厳しい取締りが行われています。一定量以上の所持,密売,密輸入等には死刑が科せられることもあり,また,微量の所持,密輸入でも重罪となります。特に麻薬類を所持していた場合,所持人自身が自らの潔白を証明できない限り有罪となります。なお,従来シンガポール政府は,いったん刑が確定した場合,外国政府や関係者等から減刑要請があっても,これを認めないとの方針を貫いています。麻薬等の「運び屋」に仕立てられることを避けるためにも,自分の荷物は責任を持って携行するとともに,他人の荷物を安易に預からない等の注意が必要です。

(2)銃器に対する規制は厳しく,所持,密輸入,使用等には重い罰則が規定されており,また,厳しい取締りが実施されています。拳銃を発砲したことで死刑に処された例もあります。

(3)万引き行為に対する処罰は厳しく,万引きを行った者は警察に通報されて逮捕され,裁判を経て罰金,禁固等の刑罰が科されます。

(4)わいせつ行為は厳しく取り締まられ,すべてのわいせつ行為は犯罪として警察に通報され,逮捕され,裁判を経て罰金,禁固等の刑罰が科されます。機内,空港,レストラン等で女性の体に触れただけで逮捕されたケースもあります。

(5)禁煙運動が盛んで,空調設備の有無にかかわらず,公共施設内(レストランも含む)はすべて禁煙となっています。特にレストランでは,違反すると客と店の双方が処罰の対象になります。その他,ショッピングモール,地下道,タクシー乗り場等公共の場所も禁煙となっています。

(6)ゴミやタバコの「ポイ捨て」,横断禁止場所での道路横断には,最高で5,000シンガポール・ドルの罰金が科されることがあります。

(7)路上等で楽器演奏やパフォーマンスを行い,寄付を求める行為は当局の許可が必要であり,無許可で行うと逮捕されることがあります。

(8)2015年4月1日から,シンガポール国内の「公共の場」(駅,道路,歩道,公園,広場等)における,午後10時30分から午前7時までの飲酒が法律(酒類規制法)で禁止されています。法律に違反した場合,最高1,000シンガポール・ドルの罰金が科され,再犯の場合最高2,000シンガポール・ドルの罰金又は最高3ヵ月の禁固刑に処せられます。

 その他にも,在シンガポール日本国大使館のホームページ上には,「シンガポール事情・生活」( http://www.sg.emb-japan.go.jp/ryoji_SEIKATSU_j.htm )として,シンガポールの諸事情や,身近な法律等をまとめた資料を掲載していますのでご参照ください。
 なお,シンガポールにおいて逮捕された場合,旅券を没収され,場合によっては長期間出国できない状態になることもありうるので,十分にご注意ください。

2 交通事情
 道路及び交通標識は整備されていますが,特に市中では,MRT(地下鉄・高架鉄道)工事の影響等により運転しづらい場所が散見されます。こうした場所を運転する際は特に気をつけてください。
 車両とオートバイや歩行者の接触事故が多くみられ,赤信号無視など交通法規を守らない車両を見かけることも稀ではありません。車間距離をとらない傾向がみられることから,ドライバーは制限速度を遵守し,不必要な車両変更を避け,安全運転を心がける必要があります。また,歩行者は道路を横断する時には十分な注意が必要です。小さなお子様は必ず手をつないで横断歩道を渡るようにしてください。

3 ハーグ条約
 シンガポールは,国境を越えて不法に連れ去られた子の返還の仕組み等を定める「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)」の締約国です。一方の親の監護権を侵害する形で子どもを常居所地国であるハーグ条約締約国から他のハーグ条約締約国へ連れ去り又は留置した場合は,原則的に子が常居所地国に返還されることとなります。ハーグ条約についての詳細はこちらのページをご覧ください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hague/index.html

4 その他
 トラブルに遭遇した場合を含め,被害にあった場合の各種連絡先は次のとおりです。
ア シンガポール警察(SPF=Singapore Police Force)
 Hotline:1800-255-0000
イ 消費者センター(CASE=Consumers Association of Singapore)
 Hotline:6100-0315
 Website: http://www.case.org.sg/

● 風俗、習慣、健康等


1 シンガポールにおける宗教は,仏教,道教,イスラム教,キリスト教,ヒンズー教が主なものです。信者は,その宗教戒律によって食を禁止されている食物もあるので,会食などの際には注意が必要です。また,国民の多くが習慣や風習を尊重する厚い信仰心を持っています。うかつな言動が誤解を招くこともありますので注意が必要です。

2 年間を通じて高温多湿な気候にあるため,著しく体力が消耗するので,十分な休養及び水分の補給が必要です。

3 水道水を,直接飲むことは可能ですが,一度煮沸させることをお勧めします。また,レストランや屋台には,シンガポール国家環境庁の定める既定により衛生ランクを「A」,「B」及び「C」の3種類に分けて,店先に掲げられています(Aが一番衛生的)。

4 かかりやすい病気としては,高温気候による皮膚疾患,風邪,気管支の疾患が挙げられます。皮膚病は身体を常に清潔に保つことで予防できますが,気候条件から風邪は治りにくいので注意が必要です。

5 最近ではデング熱の感染者が増えており,都市中心部において発生するケースもあります。2017年1月現在,ジカウイルス感染症の新たな感染は確認されていませんが,2016年には感染が確認されています。デング熱・ジカウイルス感染症には有効な予防接種や治療薬はなく,蚊に刺されないようすることが最善の予防となります。屋内への蚊の進入を防ぎ,防蚊剤を使用する,服装はできる限り肌の露出を控えるなどを心掛けてください。
(参考) 感染症広域情報:ジカウイルス感染症に関する注意喚起
    アジア・大洋州におけるデング熱の流行
    (http://www2.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/pcinfectioninfo.asp

6 予防接種の義務はありませんが,A型肝炎,B型肝炎及び破傷風の予防接種をお勧めします。以下の厚生労働省検疫所ホームページを参考にしてください。
 ◎感染症情報(http://www.forth.go.jp/

7 例年5月~10月に,ヘイズ(大規模に森林を焼くことにより生じる煙害)が発生する場合があります。シンガポール国家環境庁のホームページ(http://www.nea.gov.sg/psi/ )で発生状況を確認するとともに,濃度に応じてマスクや空気清浄機を利用する,屋外活動等を控えるなどの対策を取ってください。

● 緊急時の連絡先


◎警察:999
◎消防・救急車:995
◎在シンガポール日本国大使館:6235-8855 (国外からは(国番号65)-6235-8855)

※ 在留邦人向け安全の手引き現地の在外公館(日本大使館・総領事館等)が在留邦人向けに作成した「安全の手引き」もご参照ください。

(問い合わせ先)


○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1 
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902, 2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連は除く)
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省海外安全ホームページ
 http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
 http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
 http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

(現地公館連絡先)
○在シンガポール日本国大使館
 住所:16 Nassim Road, Singapore 258390
 電話:6235-8855
 国外からは(国番号65)-6235-8855
 FAX :6733-1039
 国外からは(国番号65)-6733-1039
 ホームページ: http://www.sg.emb-japan.go.jp/index-j.html